近頃、よく目にする、「中鎖脂肪酸の働きで体に脂肪がつきにくい雪印リセッタソフト」
今日は、このリセッタソフトマーガリンで、 クッキーを作ってみました。 同じレシピで、ネオソフトでも作ってみました。2つの間に、味的には大差がなかったものの、とても判りやすい違いがありました。ただ、それが何を意味するかはわからないのですが、楽しい発見でした。

雪印のサイトよりトランス脂肪酸について

 

2種類のマーガリンでクッキー作り



かぼちゃチップクッキー

パンプキンクッキー


使用した材料 12枚分

・マーガリン ............50g(室温)
・砂糖 ............50g
・卵 ..............1個(室温)
・オーマイ天ぷら粉(又は薄力粉) ..............100g(薄力粉ならベーキングパウダーを小さじ1/2混ぜる)
・かぼちゃチップス ............20g
・バニラエッセンス ..............2滴


作り方

1. ボウルにリセッタソフトを取って室温に戻し、泡だて器でかきまぜ、なめらかになったら砂糖を加えてよく混ぜる。

(リセッタソフトは柔らかくて混ぜやすい。)

2. 溶き卵を少しずつ加えながら、そのつどしっかりかきまぜる。粉をふるい入れ、 ゴムベラでさっくり混ぜる。

3. 粉っぽさが残ってるうちに、手で大雑把に砕いたかぼちゃチップスを加え、大きくさっくり混ぜ合わせる。練らない。

4. 別のボウルにネオソフトを取り、同様に生地を作る。

5. 天板にオーブンシートを敷く。スプーンで落として行く。


6. 180℃に温めたオーブンに入れ、170℃に下げ、14分ほど焼く。

7. 焼けたら取り出し、網の上で冷ます。

注目!
オーブンシートの上に、2つの違いがくっきり!!
天板をゆすると、するりと動くネオソフトクッキー。そしてその跡は綺麗。
対して、リセッタクッキーの方は、天板をゆすると、少しひっかかりがあり、シートの上に跡が残った。

裏を返してみる。右がリセッタソフトクッキー。


【2つを食べ比べた感想】
ネオソフトのクッキーの方は、さっくり乾いた歯ざわりで口溶けが良く、いつものクッキーって感じ。リセッタソフトの方はふわっとした歯ざわりで、生地の粒子が細かくなめらかで、食感が甘食っぽい。

前回紹介したのは 【クロワッサンとデニッシュ】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。