昨夜放送の世界ウルルン滞在記で、ルーマニアの石窯焼きパンを紹介してました。 なんでも、最高の小麦粉・塩・水で作る極上パンだということで、画面の中から香ばしさが漂ってきそうでした。
「食べてみたい!」 ということで、日清の小麦粉と、沖縄の塩と、鳥海山の伏流水(=水道水)と、飛島産の芋を使って、じゃがいものパンを作ってみました。出来上がったパンは、見た目は番組の中のものとは全く別物な感じではありますが、まるで搗き立てのお餅のように、白くもちもちしていて、ほのかにじゃが芋の味がする、新たな味わいのパンが完成です!

ルーマニアの母のロールケーキ
こね三分のお釜パン
初心者必読!炊飯器クッキングの基礎知識
ガイド著書【炊飯器で作るからおいしい】

 

炊飯器でパン作り

じゃがいもパン

じゃが芋パン


使用した材料 5合炊き炊飯器使用

・強力粉 ..................200g
・イースト ...............小さじ1
・砂糖 ...................小さじ1
・塩 .....................小さじ2/3
・水 .....................120cc(室温)
・サラダ油 ..............大さじ1
・じゃが芋 ...............皮をむいて200g
・打ち粉 ....................適量
・内釜用サラダ油 ............少々


作り方

1. じゃが芋の皮をむいて大きく切ってゆで、柔らかくなったらゆで汁を捨ててフォークでつぶす。

2. ボウルに強力粉、イースト、砂糖を入れ、泡だて器でかき混ぜる。水に塩を混ぜて置く。

3. 粉に潰した温かいじゃが芋を加え、手で均等になるように混ぜる。

4. 次に塩水を加えて手でこね、サラダ油を加えて、こねたり持ち上げて叩きつけたりする(合計5分間ほど)。手やボウルから生地が離れ易くなったら丸くまとめる。

5. 内釜にうすく油を塗り、パン生地を入れ、水でぬらしたラップをかぶせて炊飯器にセットし、保温10分、スイッチを切って30分置いて発酵させる。

6. 2倍ほどになった生地を、打ち粉を敷いたボウルに取り出し、粉を付けた手(グー)で押してガス抜きし、折ってたたんで丸くまとめる。

7. 油を塗った内釜に戻し、生地に吹きし、水でぬらしたラップをかけ、保温10分、スイッチを切って15分置き、2~2.5倍に膨らませて、ラップを外して普通に炊く。

(下から2番目の写真は発酵終わり。炊く直前)

8. スイッチが切れたらケーキクーラーの上で冷ます。

(一番下の写真は炊き上がり)

使用したのは三洋の圧力IHジャー炊飯器 5.5合炊き


昨日紹介したのは【炊き込みチキンライス】 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。