初物グリーンピースを使って豆ご飯を作ります。米2合に対して塩を小さじ1杯入れると、ちょうど良い塩味になりますが、あまりにもちょうど良すぎて、おにぎり等には良いのですが、 おかずと一緒に食べるとなると、少々塩味が強すぎます。米1合に塩小さじ1/2を基準とし、お好みに応じて塩を減らしてください。ほうれん草の中華炒めは、昨日おひたしにした残りで作ります。地物のほうれん草が出回るようになると、一束が多すぎて、一度では食べきれません。そんな時は、固めにゆでて置いて、二日に分けて使います。

ホウレンソウのごまあえ/ホウレンソウと椎茸のお浸し/その他の野菜料理レシピ/昆布入り豆ごはん


グリンピースご飯・ほうれん草と卵の中華炒め

4月7日の献立


メニュー

・ グリンピースごはん
・ ほうれん草と卵の中華炒め
・ ホタテ稚貝の味噌汁
中華クラゲのサラダ
茄子漬け
カリカリ油揚げの納豆あえ


レシピ

グリンピースごはん

1. 米2合をとぐ。豆をさやから出す。

2. 米に、酒大さじ1、塩小さじ1/2強入れて水加減して、出し昆布3×3センチ位をのせて炊く。

3. スイッチが切れたら昆布を取り出してざっくりかきまぜる。


ほうれん草と卵の中華炒め

1.ほうれん草を塩ゆでして水にさらして水気をきり、5センチに切る。ニンニク1片を叩きつぶす。ハムを一口大に切る。卵3~4個を割りほぐし、中華なべを熱し、サラダ油を大さじ2とり、卵を流しいれ、大きくかきまぜて炒り卵を作り容器に移す。

2. 中華なべにごま油を大さじ1熱し、ニンニクを香りよく炒めたらハムを炒め、醤油を回しいれて香りを立たせ、(ここで中華だしの素か、かつおだしの素を少し加えてもよい) ほうれん草を加え、 酒大さじ1、塩1つまみ、コショウを加える。

3. 炒り卵を加えて大きくまぜて皿に盛る。

(手早く作業する!)


ホタテ稚貝の味噌汁

貝を水に浸しておく。殻をこすってよく洗い、水から煮て、口が開いたらアクをすくい取り、味噌を加える。味見してコクが足りなかったらダシの素を少々加えると良い。


中華クラゲのサラダ

細く切ったきゅうりとハム、千切り人参、中華クラゲを混ぜ、醤油、ごま油、砂糖で味を足し、 ざっくり切ったレタスを加えて混ぜる。


カリカリ油揚げの納豆あえ

油揚げをオーブントースターでカリカリに焼いて、1センチ角に切り、納豆、ネギ、おかかと混ぜる。


昨日紹介したのは「秋刀魚の竜田揚げ・肉豆腐」  レシピはこちら!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。