知って得する豆知識
搗きたての餅小豆あんを包んだあんこ餅は、市販の大福では味わえない美味しさがあります。 出来立てよりも、固くなったものを網で焼いて食べた方がずっとおいしいです。 昔は、どこの家でも、何かちょっとした祝い事がたびに このあんこ餅を作っていました。いっぱい作っては 隣近所に配り合うので、家にはつねにあんこ餅があったように記憶しています。 祖母はいつも、大きなあんこ餅を火鉢であぶっては、木綿糸で半分に切って、兄と私に分けてくれました。 ということで、祖母の教え、「柔らかい餅は木綿糸で切れ」を紹介致します。

餅つき機でお餅つき
ご飯メニュー1覧

 

柔らかい餅は糸で切る

あんこ餅が焼けました
餅


餅の下に木綿糸を渡し、餅の上で交差させ
糸切り餅


糸を引っ張ってはんぶんこ
あんこ餅




普通の餅も同様に




前回紹介したのは「変則七草かゆ」  レシピはこちら!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。