昨日の夕食はチーズフォンデュでした。チーズ以外の材料が残ったので、今日の 朝食は前日の残り物を利用したイタリアンサラダです。さっぱり味なのに食べ応えがある、大変おいしいサラダができました。


 

残り物再生料理

イタリアンサラダ

イタリアンサラダ

使用した材料

ブロッコリー・カリフラワー・パプリカ・じゃがいも・さつま芋・トマト・玉ねぎ・きゅうり・貝割菜・レモン汁(又は酢)・オリーブオイル・塩・コショウ・粉チーズ


作り方

1. じゃが芋とさつま芋は、洗って水で濡らしたキッチンペーパーで包んでラップで包み、電子レンジにかけて柔らかくしたもの。ブロッコリーとカリフラワーは塩茹で。パプリカはグリルで軽く焼いて 一口大に切ったもの。

2. ↑これらの材料を食べやすく切り、斜め切りにしたキュウリと、薄くスライスした玉ねぎ、貝割菜と一緒にボウルに入れ、 オリーブオイルとレモン汁を加えて混ぜ、塩コショウして皿に盛り、粉チーズをふりかける。

3. フランスパンを小さく切って、オーブンで軽く焼いて加えても良い。


前回紹介したのは「健康粗食弁当5つ」  レシピはこちら!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。