普通は煎り卵で作る黄身寿しを、ゆで卵の黄身で作り、 白身の部分はどら焼きのようでもあり、お饅頭のようでもある一品にします。

おせち料理2005


玉子饅頭

玉子饅頭


使用した材料

ゆで卵・鶏ひき肉・甘味噌・生姜汁


作り方

1. 沸騰した湯に塩を入れ、冷蔵庫から取り出した卵を静かに入れて、8分茹でにし、 生温かいうちに殻をむき、重しをして平たくし、半分に切って、黄身を取り出す。

2. 小鍋に鶏ひき肉を取り、甘味噌を入れて炒り、生姜汁を加えて仕上げる。卵に詰め、針金をコンロで焼いて、表面に押し付け、焼き目をつける。




ホタテの黄身ずし

ホタテの黄身寿し


使用した材料

小粒のボイルホタテ・ゆで卵の黄身・酢・砂糖・塩・しょう油・みりん


作り方

1. ゆで卵の黄身をほぐし、塩、砂糖、酢で味をつけ、(火が通っているので、味見しながら味を決める。)巻きすの上にラップを敷き、ボイルホタテの厚みを半分にしたものを一直線に並べ、 その上に、黄身を細長くのせて、巻き、蒸し器で蒸す。

2. 粗熱が取れたらラップを外し、みりんとしょう油を煮詰めたタレを、ハケでホタテの部分にぬり、 完全に冷めてから一口大に切る。


前回紹介したのは「竹の子の玉子射込み」  レシピはこちら!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。