むきそば(又の名をそば米)とは、ソバの実の殻をむいたもので、古くから、庄内地方で食べられてきた自然食品です。 たっぷりの水で茹でて、流水にさらして水切りし、 “薄めたザルソバのつゆ”な感じの汁をかけて食べます。夏は冷たく、冬は温かく、 どちらもおいしいですが、個人的には冷たい方が好きです。
ちょっと変わった食べ方として、お茶漬け、雑炊、 スープ煮、リゾットなどがあり、中でもお勧めなのが、 鍋物の後の汁に入れて作るむきそば雑炊で、 お米より軽く、粘り気がないので、サラサラ食べられ、胃にもたれません。 年末年始のお酒の後や、おせち料理やお餅に飽きた時にいかがでしょうか。

梅田のむきそば1袋819円(税込み)送料別
おとりよせはこちら→ 楽天市場【ト一屋】
あわせて買いたい飛魚のつゆ

むきそばの調理例

とろろむきそば

むき蕎麦


材料

むきそば・飛魚のつゆ・とろろ・ネギ・練りワサビ・刻み海苔


作り方

1. 鍋に、洗ったむきそばと、たっぷりの水を入れて火にかけ、強火で20分茹でて火をとめ、数分間蒸らしてからザルにあけ、 流水にさらして水けをきる。

2. 丼に盛り、薄めた飛魚のつゆをはり、とろろ、ネギ、わさび、刻み海苔を添える。


昨日紹介したのは「ライスロールケーキ」  レシピはこちら!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。