今日のパンは食事用のパンです。 炊飯器で発酵させてオーブンで焼きました。どれにしようかな、、、迷ってしまうほど様々なパンですが、一種類のパン生地から出来てます。 お手持ちの炊飯器を上手に使いこなして、パン作りを楽しんでみましょう。

炊飯器で食パン
電子レンジパン
スイートロールパン

 
テーブルロール


材料 9コ分

・強力粉 ................................220g
・ドライイースト ........................小さじ1
・スキムミルク ..........................大さじ1
・砂糖 ..................................大さじ1
・塩 ....................................小さじ1/2
・ぬるま湯 ..............................130cc
・卵 ....................................大さじ1
・バター ................................大さじ1
・つや出し用溶き卵 ......................適量


作り方

1.大きいボールに、強力粉、砂糖、塩、スキムミルク、ドライイーストを入れ、泡だて器で混ぜる。

2.30~40℃のぬるま湯と卵を混ぜ、(1.)に流し入れながら箸でかき混ぜ、手でこねる。 

パン生地がまとまってきたら、バターをちぎって練りこみ、しっかりこね、生地が ボールや手につかなくなり、表面がすべすべなめらかになったらまとめて、油を薄くぬった内釜に入れて、炊飯器に入れ、保温にして20分間、スイッチを切って20分程度、 2倍の大きさになるまで一次発酵させる。

(イーストは50℃を越すと力が弱まり、60℃を超えると死んでしまいます。内釜が薄い場合は熱伝導が良く短時間で高温になってしまうので、スイッチをこまめに切って、上手に発酵をうながして下さい。)

3.一次発酵を終えた生地をこぶしで押してガス抜きし、丸くまとめて炊飯器に戻し、15分間保温、スイッチを切って15分間おいて、2倍強の大きさまで発酵させる。

(粉をつけた指を差し込んでみて、穴がそのままだったら一次発酵終了→)

4.薄く打ち粉したまな板の上に取り出して、50gにカットする。切り口を閉じるようにして内側に押し込み、新しい面を外側に押し出す感じで丸め、閉じ口を指でつまんでしっかりくっつける。 キッチンペーパーをかけ、その上に濡れ布巾をかけて乾燥を防ぎ、20分休ませる。

5.麺棒でガス抜きしながら丸く伸ばす。向こう側から真ん中まで生地を持ってきて折り込み、指でくっつけて、手前側から真ん中まで生地を持っていって指でくっつけて、 さらに半分に折りたたんで、 生地と生地を指でつまんで閉じて、両端も閉じて、棒状にする。

ロールパンの成形
6.まな板の上で両手で転がして均一の太さに伸ばし、くるりと巻いて端を穴から出して、中途半端なダマ結び状に成形する。 バターロールは、丸いパン生地を軽く伸ばし、左端を左手でつまんで、 右手で右側を引っ張って二等辺三角形にして、左側に巻き戻す。

卵パンの成形
7.砕いたゆで卵、塩こしょう、マヨネーズを混ぜる。丸く伸ばしたパン生地に具を詰めて丸め、閉じ口を指で つまんで閉じる。成形が済んだパンはオーブンシートを敷いた天板に並べていく。

8.霧吹きして30℃の場所で40~50分、約2倍になるまで発酵させる。

(今回は、種火だけをつけたオーブンに40分間入れて発酵させました。)

9.発酵が済んだら、溶き卵をぬり、200℃に熱くしたオーブンで13~15分間焼く。

(卵パンは、1.真ん中に切り込みを入れて、マヨネーズを絞ってコーンをのせる。2.切り込みを入れて小さく切ったチーズをのせる。3.パン粉と刻みチーズをふりかける。の三種類にしました。)

10.焼き上がり!


昨日紹介したのは「スイートロールパン」  レシピはこちら!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。