胴体(頭に見える部分)に卵がいっぱい詰まっていて、 それが飯粒に見えることから、飯蛸(いいだこ)と呼ばれるタコは今が旬です。 切らずにまるごと甘辛く煮て、かぶりついて食べるのが地元流。
こちらも今が旬!口細鰈の炭火焼

 
---海の幸---

いいだこの煮付け


材料

・いいだこ .........................10パイ
・塩 ...............................適量
・酒 ...............................60cc
・味醂 .............................60cc
・水 ...............................300cc
・砂糖 .............................大さじ1.5
・しょう油 .........................60cc

作り方

1. 水道水の下で、タコの胴体の裏についてる墨袋を指で取り除いてボールに入れる。塩をまぶして、足のイボイボをしごくようにして、汚れとぬめりを取って、きれいに洗い流す。

2.鍋に酒と味醂を入れて火にかけて煮立てて煮切る。水と砂糖としょう油を入れ、煮立ったらタコを入れ、落し蓋をして20分ほど煮、火を止めてそのまま冷ます。

3.タコを器に盛って、菊花を酢を入れた熱湯で茹で、水にとって冷まして水気を絞って添える。


前は海、後ろは山

春の山の幸は「タラの芽とつくし」レシピは前のページで!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。