乾燥大豆を水にひたさずに 炊飯器で炊きます。豆がとろけるように柔らか、というわけにはいきませんが、 少し噛み応えのある豆は、どこか懐かしく、ふくよかで香ばしい豆本来の味がします。身体の健康に良い素材だけを煮込みました。箸で一粒ずつつまんで口に運んで、ゆっくり噛みしめたい一品です。  (使用した炊飯器は五合炊きです。)

炊飯器料理一覧と注意点

 
お釜で五目豆


材料 4人分

・乾燥大豆 ..............................米の計量カップで1杯
・スライス乾し椎茸 ......................15枚位
・ごぼう ................................50g
・人参 ..................................60g
・こんにゃく ............................1/3枚(90g)
・出し昆布 ..............................5×8cm
・水 ....................................米の計量カップで1杯と2/3(270cc)
・醤油 ..................................大さじ1.5
・酒 ....................................大さじ2
・砂糖 ..................................大さじ1.5
・塩 ....................................一つまみ
・サバ節の粉(又は鰹だし顆粒) ..........少量(小さじ1/4程度)
・ミリン ................................大さじ1


作り方

1.大豆をフライパンに入れて、弱めの中火で炒る。皮がはじけて、指でつぶせるまでになったら火を止める。

2.牛蒡の皮をこそげて大豆の大きさの角切りにし、水にさらす。人参も同じ形に切る。コンニャクも同じ大きさの角切りにして熱湯でサッとゆがく。 昆布はハサミで四角に切る。

(実際に使った昆布は、出汁をとった後の出汁昆布を乾しておいたもの。)

3.内釜に材料を全部入れ、米の計量カップで水を1杯入れ、同じカップに酒と醤油を入れて水を足して1杯にして入れる。 砂糖、塩、サバ節の粉(又は出汁の素)を入れてかき混ぜて、普通に炊く。

4.スイッチが切れたら、ミリンを大さじ1杯回し入れて蓋をして保温スイッチを切り、2~3分間蒸らす。ヘラでかき混ぜて器に盛る。

ひと言
炊き上がってから加えるミリンは、ツヤとしっとり感を出すためで、釜が熱いうちに入れます。 出汁をとった後の出し昆布を、乾かしておけば、今日のような煮物に使えて便利です。


半日水にひたしておいた大豆を使って作った五目豆は次のページで!

このレシピへの質問は上記のガイド問い合わせまで。

昨日紹介したのは「環境と体に優しい切り干し大根の煮物」 レシピはこちら!