蒸し器でも、お鍋でも、電子レンジでも作れなかった、ポクポクの牛蒡を、人参を、お芋を、 炊飯器なら作ることができます。炊飯器でも、ではなく、炊飯器だから!作れるのです。 蒸し料理が健康のために良いと分かってはいるけれど、調理方法がよく解からないし、 だいいち蒸し器がない、という方も多いと思います。 そんな方も、炊飯器にお任せ蒸し料理なら、気軽に楽しめるのではないでしょうか。食べる人が好きな味付けを選べるというのも、この料理の好いところです。 ダイエット中の方や便秘で困ってる方にも、超お勧めです。

今日は五合炊き炊飯器で作りました。三合炊き炊飯器しか持たない一人暮らしの方にこそ、 作って食べていただきたい料理ですので、半分程度の分量で、先ずは一度、お試しいただきたいです。炊飯器の容量や 機種によて、仕上がりが違ってきますので。一回作ってみて、目と舌で確かめた上で 、お手持ちの炊飯器に合った分量を把握して下さい。要するに、30分~40分間炊き続けられれば良いのです。

炊飯器料理一覧と注意点

 
ぽくぽく根野菜


材料

・じゃが芋 ........................小1コ(70g)
・さつまいも ......................230g
・人参 ............................1/2本(80g)
・ごぼう ............................1/2本(80g)
・しいたけ ............................1枚(30g)
・いんげん ............................8本(40g)
・ゆで竹の子 ..........................60g
・水 ..................................米の計量カップで半カップ(80cc)
・白ワイン(又は酒) ..........................大さじ1
・塩こしょう(クレイジーソルトなら尚良い) ..........................少々


作り方

1.ゴボウの皮をこそげて2cmに切り水にさらす。さつま芋、人参、じゃが芋(芽を取る)等は皮はむかずに、よく洗って大きく切る。

2.内釜に、ゴボウ、竹の子、人参を下に敷き、芋類を重ね、煮崩れしやすいインゲンを一番上にして入れ、コショウを少々、塩を三本指で一つまみ振りいれ、水とワイン(酒)を回しいれて普通に炊く。

3.スイッチが切れたら、ヘラで上下を大きく返して皿に盛る。

4.塩とマヨネーズとピリカラドレッシングネギソース等を添える。

(塩が一番美味しい。マヨネーズもなかなか。ドレッシングもいい。粉チーズ、オリーブ油とバルサミコ酢で食べるのもオシャレ。)


ひと言
蒸し野菜とグリル野菜の良い所取りの逸品料理になりました。特に、ゴボウや竹の子は、今までにない美味しさです。他のものを減らしてもゴボウは入れて下さい。 新ゴボウなら、皮をこそげずに、たわしでこすって泥を落とす程度でいいです。材料は他に、南瓜、トウモロコシ、里芋、レンコン等も合いそうです。

このレシピへの質問は上記のガイド問い合わせまで。

昨日紹介したのは「お花見弁当」 レシピはこちら!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。