今日は、メスのズワイ蟹を茹でます。昔、川蟹や渡り蟹が沢山獲れてた頃、 祖母や母は、大きな鍋に蟹と水を入れて火にかけ、蟹が暴れて逃げ出さないように、蓋の上に重しをして茹でておりました。 しかし、専門家に言わせると、 生き蟹を生きたまま水から茹でると、蟹は身を守るために自らの足を外してしまうので、 熱湯で茹でたほうが良いとのことです。 しかし、祖母達がやっていた、水から茹でるやり方にも一理はあるのだろうと思います。

今日の蟹は、まだ生きてはいたものの 、そんなに元気ではなかったのでそのままゆでましたが、獲れたての元気過ぎる蟹ならば、真水に暫く浸けておいて、少し弱らせると、熱湯から飛び出す心配がありません。

下ごしらえの仕方

 
生カニのゆで方



ゆで方

1.大きな鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩を入れる。(薄い塩味)

2.カニをたわしでこすって洗い、汚れを落とす。

3.沸騰した湯に、腹を上にして入れ、再沸騰してから20分前後茹でる。

(今日のカニは小さめだったので、17分間ゆでました。オスよりはメスの方が長めにゆでます。ゆでた蟹の保存は冷蔵庫で2日程度。)

4.カニの頭を下にして冷ます。

(甲羅を外し、身側に対になって付いてるふさふさした部分は食べられないので、取り除いてから食べる。)


前回紹介したのは「炊飯器カステラ二種」 レシピはこちら!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。