新じゃがの季節ですが、コロッケにするなら古じゃががいいです。 それも、北海道産の男爵がいちばんです。 「新じゃがしかないしぃ、、」 って時は、古くなるまで待ったほうが良いです。 「メークインしかないもの、、」の場合は、 買ってきてください、男爵芋を。 それくらい、コロッケには芋の味が大切です。
そんなぁ......と言われようが、コロッケの命はじゃが芋です!おいしいじゃが芋が手に入った時だけ、作ってください。

コロッケにむいてるじゃが芋とは、煮てる途中に崩れてくる芋。  (煮崩れる芋は、学校給食等の、団体食を作る施設では敬遠されますので、そういう所に納めてる八百屋さんなら、 聞けば教えてくれると思います。)  ただ、煮ると溶ける芋なので、茹でずに、蒸さなければなりません。


....と、コロッケには、ことのほか思い入れが強い私ですが、...

ごく普通の男爵芋で、コロッケを作りました。 芋の水分をきっちり飛ばし、具にしっかり味をつけた上で、水分を閉じ込め、ホックホクにしあげました。


コロッケ三種



レシピは次のページです。