緑の葉
ガーデニングは長く楽しめる趣味
ガーデニングは自分のペースで長く楽しめる趣味として、認知度も急速にアップしてきました。植物のもたらす爽やかな緑と美しい花々は、人の心も癒してくれます。そんな楽しいはずのガーデニングが、まさか重大な事件を引き起こすとは……?今回は、そんな事例をご紹介します。

きれいな花には……?

バラ
植物の危険はトゲだけでない
「薔薇に棘あり(きれいな花にはトゲがある)」とは、よく言われる慣用句ですよね。一見美しくしとやかそうな女性も、その裏には人を傷つける要素を隠し持っているもの、ということを花に喩えたものです。
植物の場合は主に身を守る為の防衛手段と考えられますが、その方法はトゲに限らず、【事件簿1. ありえない?!誤食の危険】でご紹介したような「毒」のこともあります。毒はトゲと違って見た目ではわからないので、口に入れるものを庭で栽培している場合ある程度の予備知識は必要でしょう。

あわや命の危機に?!

ソバ
ソバを食べてのアナフィラキシーショックは有名
前述のような毒のある植物を誤って口にしたわけでもないのに、「あわや……」という危険な目にあう事例もあります。この事例のやっかいなことは、毒同様に目に見えないばかりか、本人もそれが原因とは気づかないことです。
そのやっかいなものとは、ズバリ、「アレルギー反応」です。

植物によるアレルギーというと、花粉症を思い浮かべる方が多いでしょう。スギやヒノキ、シラカバなど、現在では様々な植物の花粉によりアレルギー症状を発症することが知られています。花粉症で命が危険にさらされたとは、あまり聞いたことがないかもしれませんが、アレルギーを持っているために重篤な事態に陥る場合もあります。

アレルギー反応の中で生命にかかわるような重篤な症状を「アナフィラキシー」といいます。蜂などの虫刺されやペニシリンなどの薬物、食べ物によるアナフィラキシーショックは、皆さんもメディアなどで見聞きしたことがあるかと思います。この場合は、処置が遅れると生命にかかわってくるので、アレルギーがある方は注意が必要なのです。

また植物体やその切口から出る汁に触れることで、いわゆる「かぶれ」を引き起こす「刺激性接触皮膚炎」や、「アレルギー性接触皮膚炎」というものもあります。庭仕事をしたあとで手や腕に赤い発疹が見られたり、痒くなったりした場合は、この接触皮膚炎が疑われます。
皮膚炎だけで命を落とすようなことはありませんが、様々な要因が重なってアナフィラキシーショックを起こすこともあるので、やはり気をつけるに越したことはないでしょう。

原因を知っておこう

ゴム手袋
ガイドも天然ゴムの手袋はダメ
前項ではちょっと怖いお話をしてしまいましたが、原因物質を特定し、それを回避するように注意すれば、むやみに恐れる必要はありません。
ただし、ガーデニングではいろいろな植物を扱うので、以前からアレルギーがあって基礎知識がある人と違い成人してから突然アレルギーが発症したときは、原因物質を特定するのが困難な場合もあります。
常日頃、ガーデニング日誌を記録するとともに、痒い・鼻水が出る・体がだるいなど体調の変化も書き添えておくと後々役に立つでしょう。なお庭の手入れをする際に手袋をはめる方も多いと思いますが、ここでも天然ゴムによる「ラテックスアレルギー」を発症する場合があるので注意が必要です。

食物アレルギーや花粉症に心当たりが無くても、庭仕事のあとで体調に変化があったときは、ちょっとアナフィラキシーを疑ってみる、そんな予備知識も持っておくと良いのではないでしょうか。なお、いずれの場合も、少しでもおかしいなと思う症状が出た場合は、早めに専門医にご相談されることをおすすめします。

アレルギーを起こしやすい植物

マーガレット
大量の花粉など悪条件が重なってアナフィラキシーになることも
最後に、アレルギー反応が出やすい植物を補記しておきますので参考までに。

【花粉症を起こす植物】
スギやヒノキが有名ですが、シラカバ、ハンノキなどカバノキ科の樹木の花粉でも発症します。
アシ、イネ、カモガヤ、ススキなどのイネ科の植物、ブタクサやヨモギなどキク科の植物、そしてカナムグラもよく知られているアレルゲンです。

【植物体や汁でアレルギー性接触皮膚炎を起こす植物】
触るとかぶれる植物としては、ツタウルシ、ヌルデ、ハゼノキ、ヤマウルシ、ヤマハゼといったウルシ類が有名ですが、普段身近な植物でかぶれることもあります。
アルストロメリア、イチョウ、ギンナン、キク、ソバ、タマネギ、ニンニク、プリムラ・オブコニカ、マーガレット、マンゴー、レタスなどが原因物質として知られています。

【植物体や汁で刺激性接触皮膚炎を起こす植物】
アレルギー性と異なり、誰にでも起こりうるのが刺激性接触皮膚炎です。扱う際は、素肌が直接触れないように注意しましょう。
よく知られているものとしてアロエ、キウイ、ゲッカビジン、コンフリー、サトイモ、シソ、トウダイグサ(ユーフォルビア)、パイナップル、ハナミズキ、ヤマイモなどがあります。




■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。