可愛いピンクのネギボウズ「チャイブ」

チャイブ
ピンク色の花も可愛いチャイブ
チャイブの属名「Allium」は、ラテン語の「匂う」という意味の「alere」または「halium」からと言われています。また種名の「schoenoprasum」は、「Schoenus(ノグサ属)」のような姿をした「prasus(ニラ)」という意味です。チャイブは一本で生えていることは少ないため、複数形で「チャイブス」とも呼ばれます。

春には可愛いピンクのネギボウズをつけ菜園に彩りを添えてくれるチャイブは、西洋アサツキの別名があるように、料理の名脇役として大活躍するハーブです。

《 チャイブ 》
 学 名 : Allium schoenoprasum
 別 名 : セイヨウアサツキ、シブレット、エゾネギ
 原産地 : シベリア、ヨーロッパ
 科 名 : ユリ科
 属 名 : アリウム(ネギ)属
 性 状 : 耐寒性多年草
 開花期 : 5月~6月
 花言葉 : 忠実、素直、柔軟性

チャイブの効能と利用法

チヤイブ
イタリアンパセリと一緒にスープに入れても
チャイブは、食欲・消化促進、整腸、風邪、頭痛、強壮などに効果があるほか、殺菌作用もあるといわれています。他のネギ類に比べ臭みも少なく、万能の香味料として、またネギやニラの代用として和・洋・中どの料理にも重宝するハーブです。

2年目以降はピンクのネギボウズをつけますが、この花もサラダやスープに入れたりとエディブルフラワーとして利用できます。ただし花を咲かせた株は葉がかたくなってしまうので、花を収穫する目的がない場合は早めに摘み取りましょう。

葉は随時収穫できますが、花は七部咲き程度で収穫します。収穫した葉は、1週間程度なら冷蔵庫で保存できます。たくさん収穫できた場合は、冷凍保存しましょう。この他、花をドライフラワーにして利用することもできます。

チャイブを苗から育てる

チャイブの苗
チャイブの苗
チャイブは、とても育てやすいハーブです。耐寒性も強く、冬に地上部が枯れこんでも春には新しい葉を伸ばします。初心者の方には苗から育てる方法がお勧めですよ。

チャイブは、日当たりがよく風通しの良いところを好みます。耐寒性はありますが、夏の暑さと強い日差しにはちょっと弱い性質です。また他のハーブに比べるとやや湿り気のある土を好むので、半日陰くらいで栽培しても充分育ちます。 むしろ半日陰くらいの方が、日向で育てたものに比べ柔らかい葉に育つようです。

酸性土を嫌うので、植えつけ前に苦土石灰を使って土の酸度調節をしておきましょう。買ってきた苗は、根を崩さないように注意して植え替えます。数株植える場合は、株間は15センチほどあけます。水やりは、土が乾いたらたっぷりと与えます。

肥料は地植えの場合は、植えつけ前に元肥として緩効性の肥料を与えるほかは特に必要ありません。プランターなどで管理する場合は月1回程度、緩効性の肥料を与えましょう。葉が茂ってきたら、地際から2~3センチで切って収穫します。

チヤイブを種から育てる

チャイブの種
チャイブの種
チャイブの種まき適期は、春 4~5月頃と、秋 9月~10月頃です。種は、比較的まきやすい大きさです。チャイブの種は嫌光性なので、育苗箱などに点まきかばらまきにした上に、3~5ミリほどの厚みで覆土して更に新聞紙で覆いを掛けておきます。

発芽までは乾かさないよう半日陰で管理し、芽が出揃ったら徐々に日の当たる場所に移します。草丈が 7~10センチくらいになったら、5~6本を束にして定植します。その後の管理は、苗から育てる方法に準じます。ただし種まきから一年間は、株を充実させるために間引き以外の収穫を控えましょう。 二年目以降は、草丈が15~20センチに伸びたらその都度収穫します。

チャイブの殖やしかた

チャイブの花
チャイブの花
チャイブは前項のように種まきで殖やすこともできますが、株分けの方がより簡単に殖やすことができます。株分けの適期は春と秋で、根を傷めないように株の周囲を大きめに掘り上げ、4~5個くらいの鱗茎の束に分けて植え替えるのです。

チャイブは地下で分球して、どんどん株が大きくなっていきます。数年も放っておくと株が混んできて、葉色が冴えなくなったり花が咲かなくなったりします。 3年ほど経った株は株分けをして、リフレッシュさせてあげましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。