ハーブ
上手に冬越しして、来年も楽しみたいハーブ
ハーブの楽しみ方はいろいろありますが、せっかく大切に育てているのですから上手に冬越しをして翌年も利用したいですよね。一年草であるバジルとジャーマンカモミールは、種を採っておくか来春こぼれ種が芽を出すのを期待することとして、今回は宿根ハーブの冬越しについてお話しましょう。

耐寒性か非耐寒性か

寒暖計
耐寒温度は何度まで?
宿根ハーブといっても、どれもこれもが寒い日本の冬を越せるわけではありません。個々のハーブの解説でご紹介したように、ハーブの原産国は地中海地方からヨーロッパの物が多く、日本の気候とは違う環境で育ってきた植物たちが多いのです。そこで気をつけなくてはならないのが、そのハーブにどのくらいの耐寒性があるのか、ということです。

耐寒性は、一般的に下記のように分類されます。
  • 耐寒性:0度以下の寒さにも耐えられる
  • 半耐寒性:0度前後の寒さまで耐えられるが霜には弱い
  • 非耐寒性:最低 7~10度以上の温度が必要なので、鉢上げをして軒先や室内に取り込まなくてはならない

耐寒性のあるハーブの冬越し

ミント
健気に雪の中から顔を覗かせるミント
耐寒性のある宿根ハーブは、霜や雪が降っても翌春には元気に芽吹いてくれるハーブです。ほとんどの宿根草が冬の間は地上部が枯れてしまうのに対し、ミントなどは雪の中でも緑色に輝く葉を覗かせ、ハーブの生命力を感じさせます。

同じく耐寒性のあるハーブとしてはラベンダー(フレンチを除く)、タイム、レモンバーム、ローマンカモミール、チャイブ、ラムズイヤー、ルーなどがあります。

【冬越しのポイント】
そのままでも春になると新芽が出てきますが、降霜前に地上部を3分の1程度まで刈り込んでおくと、株への負担が軽くなります。厳寒地では、さらにマルチングを施しておけば万全です。コンテナ栽培の場合も戸外で越冬可能ですが、乾燥には注意しましょう。

半耐寒性ハーブの冬越し

メドーセージ
庭植えのメドーセージ。寒地では鉢上げが必要
半耐寒性ハーブは、霜に当てないようにすれば、戸外でも冬越しさせることができます。ローズマリー、パイナップル・セージ、ロケット(ルッコラ)などが半耐寒性ハーブです。

【冬越しのポイント】
冬期でも氷点下にならない地域では、露地植えで越冬できます。その場合も、霜対策のために株元をマルチングしてあげましょう。寒地では鉢上げをして、軒先やベランダなどで管理します。

また、寒さ対策としてプラ鉢を二つ重ねて(二重鉢)そのあいだに砕いた発泡スチロールトレーを入れたり、鉢をトロ箱に入れて隙間に砕いた発泡スチロールを入れる方法もあります。いずれも鉢物は乾きやすいので、乾燥しすぎに注意が必要です。

非耐寒性ハーブの冬越し

窓辺の植物
ガラス窓の近くに鉢物を置くと、冬場は放射冷却で枯れてしまうことも
非耐寒性ハーブは、暖地以外は鉢上げをして軒先や室内に取り込んで管理する必要があるハーブです。レモングラス、レースラベンダー、レモンバーベナ、ヘリオトロープ、ターメリックなどが非耐寒性ハーブです。

【冬越しのポイント】
半耐寒性ハーブと同様に鉢上げをして、軒先やベランダ、場合によっては室内での管理となります。特に注意が必要なのは、室内管理の場合です。日中の置き場所としては日の当たる窓辺が最適ですが、夜間急激に冷えて枯れてしまう事があります。日が落ちたら鉢を窓ガラスから離す、ダンボールやトロ箱に入れるなどして対処します。

鉢上げの手順

メドーセージ
掘りあげたメドーセージ。根を整理すると3株に分かれた
庭植えの植物を掘り起こして、鉢に植え替える作業を「鉢上げ」といいます。ここでは半耐寒性のメドーセージの鉢上げを例に、手順を解説しましょう。

まず、地上部を3分の1ほどに刈り込みます。これは、鉢上げの際にダメージが与えられた根への負担を軽くするためです。次に、スコップを使って、大きめに掘り起こします。周囲の土をザッと落として古根を整理し、新しい土を入れた鉢に植替えます。

鉢上げ完了
メドーセージの鉢上げが終わった
根に対して地上部が大きい場合には、鉢に植え替えてからさらに刈り込んで、根とのバランスをとります。このメドーセージは土を落とした段階で自然に3株に分かれたので、2株は風除室に取り込み、1株は越冬実験用に別の鉢に植えることにしました。

越冬実験

温室
越冬実験で、「我が家での越冬温度」を探ろう
さて、これまで耐寒温度による冬越しの仕方について解説してきましたが、実は温度だけでは測れないのが植物の面白いところです。例えば同じ氷点下まで下がる地域で、ある所では半耐寒性植物でも露地で越冬でき、また耐寒性であっても越冬できなかったりするのです。これらは、植物の越冬は温度だけでなく、日照や水分も大いに関わりがあることをあらわしています。

そこでお勧めしたいのが、「越冬実験」です。我が家では露地では越冬しないメドーセージ、今回は3株に分かれたので2株は昨年同様風除室で管理します。 もう一株は家の東側に二重鉢にしたものを地面に埋め込み、更に厚くマルチを施してみようと思います。戸外でもうまく越冬できれば、来年は軒先に取り込む鉢が一つ減るというわけです。

こういったことは、家庭園芸だからできる楽しみでもあります。一株しかない大切な植物にはお勧めできませんが、ぜひ株が増えた植物でトライしてみてください。

今回は、「宿根ハーブの冬越し」ということでご紹介しましたが、「耐寒性」や、「鉢上げ」に関しては多くの草花に応用できることです。しっかり冬越しの準備を整え、また来年もガーデニングを楽しみましょう!



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。