かつては、「母の日」というとカーネーションの切り花やアレンジメントを贈るのが主流でしたが、昨年「あなたの一票」を行ったところ、切り花VS鉢植えがほぼ同数 という結果。
これを見ても、鉢植えカーネーションの需要が伺えます。
今回は、そんな鉢植えカーネーションの管理の仕方です!





【カーネーション】


Dianthus caryophyllus
ナデシコ科
ナデシコ(Dianthus)属
半耐寒性多年草
別名…
オランダセキチク
アンジャベル
「神の花(Dios Anthos)」とも呼ばれる


~~~購入のポイント~~~

店頭にズラリと並んだ鉢植えカーネーション、一体どれを買ったら良いのでしょう?

◆株がしっかりしているものを選ぶ
根元がクラクラしたり、徒長したものはNG!
◆下葉が枯れたり、病気がないかをチェック!
◆開いた花と、これから咲く蕾がある
蕾だけたくさんついていても、全て咲くとは限りません
花姿が確認できるものを買うのがお勧め
◆一年草種から改良された中・大輪は、花が終わるとおしまいなので、四季咲き性の多年生種(ミニ・カーネーションなど)がおすすめ

☆こんなのはいかが?☆

花はカーネーション、性質はナデシコ
育てて楽しむ、四季咲きの注目株
キリンの『ガーデンカーネ』
ポットカーネーションと、四季咲き性のナデシコをかけあわせた品種で、春と秋に花を楽しむことができます。