土の保管の暫定的アイディア

ガーデニングに必需のものとはいえ、ビニール製の土の大袋が庭先にゴロゴロ転がっているのは、あまりいただけない光景です。
せめて麻袋ならいくらかサマになるものを…と思うのですが、いたしかたありませんよね。

皆さんのお宅では、この大袋をどのようにしていますか?
使うまではバックヤードに積んでおく?
物置小屋に収納しておく?
なるほど、では使いかけのものはどうでしょう。
袋を開けたときに全て使い切ってしまえれば良いのですが、大抵が袋の半分も土が残って、次回まで保管することになってしまうのではないでしょうか。

実はこれがやっかいな代物で、軒先に置いておくと見た目は良くないし、袋の口をちゃんと締めておかないと雨水が入ってしまったり、作業の際に蹴って中身をこぼしたりしかねません。
特にマイブレンドの場合、用途別の土を買わなくても良い代わりに、基本土の袋を常備しておかなくてはなりません。
土も保管できる小屋があれば良いのですが、そうもいかない場合が多いことでしょう。

そこで私は、暫定的打開策として漬物樽を使っています。

市販の大袋の土が一袋入るくらい(おおよそ20リットル)の漬物樽を数個用意して、赤玉・腐葉土・バーミキュライト…と分けて入れてあります。
ブレンドの際は、そこから土すくい用のスコップで赤玉2、腐葉土1…と容器に移していくのです。
※下段は腐葉土と赤玉、上段はバーミキュライト、パーライトなどを保管
また、あらかじめベースの土をブレンドしておいてポリペールに保管しておくのも良いかもしれません。

ただ、これもビニール袋が転がっていないだけの話で、バックヤードに土入りの樽が並ぶわけですから、あくまでも暫定的打開策です。
もっと良い方法が見つかったら、またご紹介したいと思います。





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。