●斑入り
突然変異により、葉に「斑」と呼ばれる模様がでたものです。現在は、品種改良で様々な斑入り植物が作られています。
暗くなりがちな日陰や、濃いグリーンの植物に添えることで、明るさや華やかさがでます。
※写真はリシマキア・プンクタータ

斑入りの例(◆は花も観賞価値あり)

縦に伸びるもの……
◇コリウス
◇斑入りカンスゲ
◆斑入りヤブラン
◆リシマキア・プンクタータ
※写真は斑入りヤブラン

横に広がる~こんもり茂るもの……
◇アイビー ◆グレゴマ ◆ツルニチニチソウ ◆ギボウシ


●その他
黒、濃い赤紫などブロンズ系の葉もの…銅葉・カラス葉などとも呼ばれますが、考えてみたら梅干を漬けるときの「紫蘇」もこの系統ですね。
植物としては特異な色となるので、シックなコーディネートやアクセントを効かせるのに向きます。
※写真はリシマキア・ファイヤークラッカー

その他、明るいライムグリーンの葉色を持つ物も人気があります。

その他の例 (■=ブロンズ系・□=ライム系)
縦に伸びるもの……
■シミシフーガ・ブラックネグリジェ(サラシナショウマ)
■黒竜 ■ニューサイラン・プラッツブラック
■リシマキア・ファイヤークラッカー
横に広がる~
 こんもり茂るもの……

■オキザリス・パープルドレス
□リシマキア・ヌンムラリア
□ラミウム
※写真はテラスライム
寄せ植えにも使われるが、葉やけに注意


今回紹介した以外にも、園芸店には多種多様なカラーリーフがたくさんあります。少しずつ上手にガーデニングに取り入れていきたいですね。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。