体感温度に合わせて布団を取り替えるのは、エアコンに頼らないエコな暮らし。出し入れラクラクな収納法がエコにも貢献しちゃいます。

FUTON DE SOFA

布団の収納といえば、圧縮袋に入れてカサを減らす方法がまず思い浮かびませんか?昔からよく使われている綿ワタの布団でも、ペタンコでかちかちに圧縮できるから、嵩張らなくて重宝します。
ところが真空にするのが面倒だったり、時間が経つにつれて空気が入って膨らみ始めることもあったり、敬遠している人も多いようです。

しかも、客布団を常備する家庭は少なくなってきているので、たまにしか使わない客布団をどうするか?よりも、季節はずれの掛け布団や毛布などの片づけ方に頭を悩ませてしまいます。
一人暮らしだったら、使わない布団を使ってソファにしておけば、片づけとくつろぎタイムに役立つ一石二鳥の方法ですが、夏掛けや冬掛けを家族の人数分だけしまわなければならないとなると、たたんで積み上げるしかありません。

しかも大きな押入があればよいのですが、クローゼットや戸棚の一角にしまうとなると、布団を押し込めることになって取り出すのが面倒です。