無印良品のポリプロピレンケースですっきり収納

本棚の最下段に配置

本棚の最下段に配置 

うちは夫婦とも本・マンガをため込むコレクター癖があるので、本棚はいつも満席状態。なのでちょっと読まなくなってきたマンガはケースにしまいこまれます。マンガ専用のケースはいろいろあるかとは思うのですが、家の収納用品は無印良品のケースを使用しているため、マンガケースも統一! おかげですっきりした見た目を維持できています。

PPケース・引出式・深型undefined

PPケース・引出式・深型 (無印良品)

使用しているのはPPケース・引出式・深型です。少年誌などの単行本サイズなら2列でぴったり32冊入ります。

ダンボールでかさ増しundefinedundefined

ダンボールでかさ増し 

ただしケースの持ち手部分が引っ込んでいる関係上、手前の列は持ち手分の高さを段ボールなどでちょっとかさまししてあげないとフラットになりません。このあたりが専用ケースでない不便さですね……。

写真で奥と手前の列のマンガの高さが違うのはこのためです。しかしながらこの高さの違いが結果的に本に指がかかりやすく簡単にマンガが取り出せる、という利点にもなったりするんです。

注意事項としては、PPケース自体積み重ね可ですが、本をびっちり32冊入れてしまうと積み重ね時の耐荷重をはるかに超えてしまうので平置き、もしくは最下段でしかつかえないところ。我が家では作り付け本棚の下が空きスペースになっているのでそこにケースを横並べにして収納するという使い方をしています。

■PPケース・引出式・深型
販売元:無印良品
サイズ:幅26cm×奥行37cm×高さ17.5cm
価格:1000円(税込)
URL:http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548076749011?searchno=2

※データは記事公開時点の情報です


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。