掛け布団は巻くにかぎる

奥行き55センチのクローゼットに収納した布団。布団専用ケースは東急ハンズで購入。
近ごろの布団は、羊毛や羽毛、化繊など、軽くて扱いやすい素材のものがあって、従来の綿ワタに比べればたたみやすくなっています。もちろん、くるくる巻くのも簡単です。

巻いたあとの布団は、その状態をキープできるようにヒモで結んでおきます。それよりももっと簡単なのは、古くなったTシャツを被せてしまうことです。
ダブルサイズの大きな布団や冬掛けは、布団専用の収納袋を使って、筒状に成形します。
こうして布団を巻くことによって、立て掛けておくこともできるようになるので、たたんで積み重ねるよりもはるかに出し入れがラクになるのです。収納スペースによっては、横に寝かせてしまってもいいでしょう。一つ一つの布団が筒になっているので、積み上げたとしても間から抜き取るのも簡単です。

ガイド宅でも、これまでは布団を買ったときに入っていた収納ケースに入れていましたけれど、布団によってケースのサイズが違ったので、効率が良くありませんでした。四角い布団ケースはサイズが揃っていてこそ意味があるのですが、そうではないなら筒型で少し融通の利く形にまとめたほうが、収納スペースにあわせやすくなります。

布団のしまい方に困っているなら、今すぐTシャツケースを試してみてください。

▼関連リンク
ベッドで寝るより布団派!なら片づけにもひと工夫。【All About 収納】

できることから始める。ガイド著書 「朝、着る服に迷わないハッピー収納術」でスカっと爽快な1日をスタート。時間をかけずにサクっと片づけたい!から生まれた『5分間「整理・収納」BOOK』で自分時間を大切にしましょう。




■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。