部屋
3年前にお邪魔したいくれさんのお部屋にお邪魔しました。一人暮らしの部屋作りは一度だけじゃなく、模様替えしながら、何度も楽しめるんです。
ガイド記事『フランスの寄宿舎みたいに暮らす』でお部屋を見せてくださったいくれさんより、「最近お部屋を模様替えしたんですよ」というご連絡をいただきました。以前お邪魔したときは白を基調とした爽やかなお部屋でしたが、今回送っていただいた写真では、同じ部屋ながらもピンクやキラキラと光る雑貨が溢れていて、楽しげでキュートな印象。もともとあった家具を活かしつつも、雰囲気がぐんと変わったそのお部屋の様子をご紹介します。

その他の一人暮らしの部屋のインテリアを紹介した記事は、「一人暮らしの達人」シリーズとしてまとめてありますので、ぜひご覧ください。

=INDEX=
■ 部屋の間取り
■ 玄関は『見せる収納』で可愛い&使いやすい
■ パリやベルリンのインテリアを目指して
■ 雑貨のあふれる宝探しのような部屋
■ ふんわりと可愛らしいリラックススペース
■ いくれさんおすすめのインテリア本


部屋の間取り

いくれさん
(29歳・会社員)

-Room Data-
東京都在住
家賃:76,000円(管理費込)
間取り:2LDK

間取り図

 

模様替えをしただけですが、大きな家具なども移動したため、部屋そのものの使い方はずいぶん変わったようです(以前の間取り図は、こちらから)。

「一年前くらいから模様替えを始めました。引っ越しをしている友人に触発されて、私も『引っ越ししたみたいに部屋を変えたい!』って思ったんですよね」と、いくれさん。見た目だけでなく、暮らしやすさも考えるようになり、「今までベッドを置いていた部屋は日が当らず、寒かったんです。寝心地の良さを考えたら、窓のある場所の方がいいと思い、まずはベッドを移動させました」とのこと。その結果、さらに模様替えへのモチベーションが高まり、いろいろなところに手を加えていったそうです。

次のページでは、玄関からお部屋までの廊下をご紹介します。ちょっとした工夫で、入り口を楽しく可愛くするヒントがありますよ。>>次のページへ