一生モノのオシャレ土鍋で、一人鍋に、ホームパーティに

もやし鍋
お財布が寂しいときに便利なもやし。それをたーっぷり使ったヘルシーな一品です。最後の〆には、中華麺が抜群です。レシピは次回以降の記事でご紹介します。


冷蔵庫に残っている食材を切って、鍋にまとめて放り込んで、煮込んで、お好みのたれにつけて食べる鍋料理。簡単で、冷蔵庫の整理にもなって、栄養もたっぷり摂れるので、冬場には欠かせないメニューのひとつという一人暮らしさんの声もよく聞きます。

そんな一人鍋愛好家におすすめしたいのが「Emile Henry/ココット・タイ」。土鍋というと和のイメージですが、こちらはフランス生まれ。和食にも、洋食にも合わせやすいオシャレなデザインです。

内径26cmは大きめに思うかもしれませんが、これくらいだと一人鍋に大きすぎず、数名の鍋パーティにも小さすぎず、使いやすい。ちょっとお値段は高いですが、冷凍に直火調理に、電子レンジにオーブンにと使える丈夫さは、一生モノとも言えるでしょう。

この土鍋で作ってみたのは、豚もやし鍋。一人暮らしに嬉しい激安食材・もやしをてんこ盛りに入れて、そこから出る水分だけで煮込んだ節約&簡単鍋です。詳しい作り方は次回以降のガイド記事にて紹介します。

また、冬のおもてなし料理には鍋料理がおすすめ。土鍋とカセットコンロを用意して、あとは材料さえ揃えておけば、みんなが集まってから煮込めばいいので、準備も簡単。みんなで同じ鍋をつつきあえば、会話も弾んで、盛り上がること間違いありません。こんなオシャレな土鍋があれば、それだけでテーブルコーディネートもばっちり決まりますよね。

土鍋を長く、大切に使う方法

土鍋の空焚き
便利な土鍋ですが、使うときには気遣いが必要土鍋。火にかけるときは、必ず食材や水などを入れてから。一気に加熱すると、ひび割れの原因になります。
土鍋は美味しく便利な調理器具ですが、鉄の鍋よりは少し繊細です。長く使い続けるためには、お手入れには一手間かけましょう。といっても、使い慣れてしまえば、それほど難しいことではありません。

● 使い始めにはお粥を炊く

鍋を使い始めるときは、ひび割れやニオイ移りを防ぐために準備をします。鍋の7分目程度の水を入れ、そこにご飯を入れて、弱火でコトコト1時間程度煮込みます。火から下ろして、冷めるまで置いて、中身を捨て、きれいに洗ったら、完全に乾くまで自然乾燥にしてから使い始めましょう。

● 土鍋は急な温度の変化に弱い

陶器である土鍋は急な温度の変化で割れてしまうことがあります。底が濡れている状態で火にかけたり、中に何も入れずに空焚きをしたり、熱いままの土鍋を濡れたふきんや水につけるのもダメです。洗うときは、完全に温度が下がってからにしましょう。

● 完全に乾かしてから片付ける

土鍋は吸水性があるため、洗ってすぐに片付けると、その内部に含んだ湿気からカビが生えることがあります。一度ふきんで拭いたあとは、自然乾燥でしっかりと乾かしてから、片付けましょう。

● ひび割れてしまったら、もう一度お粥を

それでもひびが入ってしまったら、使い始めと同じ手順でもう一度お粥を炊きます。そうすることで、ひびの間に糊状になったお粥が入り込み、補修することができます。



クリスマスや忘年会、新年会と、集まりの多くなる季節です。外でぱーっと騒ぐのもいいけれど、一人暮らしの部屋に招いて、時間もお金も気にすることなく、みんなで鍋をつつきあうのも楽しいもの。

一人の食卓はもちろん、仲間との楽しいひとときにも大活躍する土鍋。あなたのキッチンにも、おひとつ、いかがですか。

== 関連サイト ==
All About[節約・やりくり]100円土鍋でご飯を炊く
ご飯を少しだけ焚きたい時に、活躍するのは100円ショップの小さな土鍋。手軽に美味しく焚けて、経済的です。
All About[雑貨]凛々しく頼もしい土鍋
鍋料理が恋しくなる季節。土鍋ひとつで料理も左右されるかもしれません。丈夫で飽きのこない和の一品を紹介しています。
All About[アジアごはん]うま味がギュっ!ベトナム風土鍋鶏ごはん
絶対に試してほしい極ウマ土鍋ごはん。レモングラスとシーズニングソースが手軽にベトナムの味を作ります。和だけじゃない、たまにはエスニックな味を土鍋でいかが。
All About[暮らしの歳時記]1年中テーブルの華になる、土鍋クーラー
料理だけじゃない、土鍋のこんなオシャレな使い方。土鍋の特性とステキな演出法を知れば、眠らせておくのがもったいなくなります。





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。