マイホームバー
「部屋は疲れて帰って、寝るためだけにある」なんてモッタイナイ。オンとオフをリセットするひとり時間を作ってみませんか?
仕事を終えて、食事や家事をざっと済ませて、ほっと一息つける21時。ここから一人暮らしの醍醐味であるひとり時間が始まります。疲れて帰ってベッドにバタン…なんて人もいるかもしれませんが、たまには自分だけのこだわり時間を過ごすのもいいものです。

そこで今回は、21時からのひとり時間の過ごし方をご提案。身体の疲れは睡眠や食事が効きますが、心の疲れをリセットするために、一人暮らしのお部屋でお酒なんていかがでしょう。

「一人酒をする」だとちょっと聞こえが悪いですが、「今夜は自分のためだけのマイホームバーをオープンします」と言えば何だか楽しそう!? 自分だけのとっておき秘密時間を作ってみませんか。

=INDEX=
■ 忙しい毎日に、お酒の力でリラックス
■ 一人暮らしの部屋にマイホームバーをOPEN!
■ こんな過ごし方。泣きたい夜の焼酎バー
■ 飲みすぎ注意! 閉店時間をお忘れなく…


忙しい毎日に、お酒の力でリラックス

ワイン
お酒は百薬の長とも言われます。上手に飲めば、心と身体を健やかにする効果も。
「とても疲れている」「仕事で嫌なことがあった」「何だか毎日楽しくない」…。帰ってきても愚痴を言う相手がいない一人暮らしは、何かとストレスも溜まるもの。慌しい毎日にストレスをどんどん溜め込んでしまっては、心も身体ももちません。そんなとき、ちょっとお酒の力を借りてみてはいかがでしょう。

飲みすぎはもちろんいけませんが、適度なお酒にはリラックス効果があります。眉間にシワを寄せたままよりも、ほっと一息肩の力を抜いてからベッドに入れば、翌日もすっきりとした気分で、元気に過ごせるはずです。

一人暮らしの部屋にマイホームバーをOPEN!

ただし、一人でお酒を飲むだけでは、ただの「一人酒」。ちょっとわびしくて、寂しいものになってしまいそう。そこで一人暮らしの部屋をバーに見立てて、自分だけのこだわり空間・マイホームバーを作ってみませんか? 一人だからこそのこだわりのポイントはいろいろとあります。例えば、お酒におつまみ、雰囲気を作るための照明やキャンドル、お酒のお供に音楽、映画や本など…。

例えば、ある夜の私はこんなふうに過ごしていました。

キャンドル


好きなものだけを集めて飲むお酒は美味しく、ほろほろとした酔いが心の疲れを癒してくれます。次のページでは、この夜のマイホームバーの様子を詳しく紹介していきます。

次のページでは、お酒やおつまみ、雰囲気作りなど…。とっておきのひとり時間の作り方を提案します。>>次のページへ