「お祝いの花」の贈り方マナー

お礼やお祝い事にお花を贈ることがありますよね。何を贈ってよいのか迷ったら、私はお花を贈ることにしています。お花をいただいて、不愉快な気分になる方なんていないと思うのです。

人生の大事な節目や冠婚葬祭にお花は無難な贈り物として使われています

人生の大事な節目や冠婚葬祭にお花は無難な贈り物として使われています


お祝いのお花には、シーン別にふさわしい種類と贈り方のマナーがあるのをご存知でしょうか? またいただく側から、お花にこめられた気持ちを気づかずにいただいていませんか?今回は意外と知らなかった「お祝いの花」の贈り方マナーをご紹介いたします。

<index>
・お祝いの気持ちを伝える贈り花
・イベントにもふさわしい贈り花とは
・花言葉を上手に使う


お祝いの気持ちを伝える贈り花


■出産祝い
ベビー誕生を祝って贈る出産祝いですが、頑張ったママへのねぎらいとして、花をプレゼントしてもよいでしょう。柔らかな優しい色合いを演出する色彩で、元気に生まれてきたベビーへの祝福を象徴するような、かわいらしくて、ふんわり気持ちの和むような花。また生まれた季節の花をアレンジメントしてもよいでしょうね。もちろんメッセージを添えて贈りましょう。

オススメのお花は?
ピンク、クリームイエロー、白、水色など、柔らかな優しい色合いでつくるパステルカラーの花のアレンジメントや花束をおすすめします。

出産祝いには柔らかな優しい色合いの花を

出産祝いには柔らかな優しい色合いの花を


これはNGです。気をつけて!
病院へ直接贈る場合は、色や香りの強くない花にするように心がけましょう。また花粉や花びらの散る花も避けるように。


■誕生日のお祝い
誕生花の花を贈ることは、守護神として自分を守り、その方への幸福、愛、富をもたらしてくれます。花言葉のメッセージカードを添え、相手のイメージに合わせたラッピングにして贈りましょう。年齢の数だけバラの花束なんて、おしゃれな贈り物ですよね。

誕生花12カ月
1月→シンピジウム・スイセン
2月→マーガレット・フリージア
3月→スイートピー・アネモネ・チューリップ
4月→フジ・ミヤコワスレ・カスミソウ
5月→スズラン・カーネーション
6月→アジサイ・グラジオラス・バラ
7月→トルコキキョウ・ユリ
8月→アザガオ・アンスリウム・ヒマワリ
9月→クジャクソウ・ダリア、リンドウ
10月→ガーベラ・コスモス
11月→キク・ブバリア
12月→ストレリチア・カトレア、シクラメン

■誕生花をいただいたら?
届いたらすぐに感謝の気持ちを相手に伝えます。相手の誕生日に贈り物をすることでお返しの代わりとなります