節句
柏餅やちまきを食べ、菖蒲を入れたお風呂に入る。親子で日本の文化に触れてみましょう。
■初節句のお祝いは、必ずするべきである

→YES

健やかな成長と厄除けを願う行事ですので、どうしても出来ないという事情がない限り、お祝いはしてあげるべき。生まれてすぐなどの場合(生後1ヶ月以内)は翌年でもOK。生まれて数ヶ月の場合(1月生まれ)は翌年にされる場合も。

■古い鎧兜・五月人形で初節句のお祝いをしてもよい

→NO

一人一人のお守りで、お祝いをする赤ちゃん自身を守るもの。他人のものを使いまわしするのは本来の理から外れます。といっても当時はお金も飾る場所も不自由しない時代。現代は兄弟みんなのものであっても良いと思います。

余裕があれば、長男には鎧飾り、次男には兜飾り。小さいものでもそれぞれの子供に揃えてあげて。ケース飾りや子供大将などもオススメです。

■初節句のお人形は、母方の実家が用意すべきである

→NO

昔は、「妻問い婚」といい、妻は実家で暮らして、夫が通うと言う結婚のかたちで、子どもの面倒は母方の実家がもつということでした。その名残が妻の実家から贈られるという習わしです。今の時代ではそんな慣習は気にしないこと。それぞれの実家にお願いしても、また自分たちで用意すればよいことです。

■前日に飾っても問題ない

→NO

昔から「一夜飾り」と言って前日に出してきて飾るのはNG!縁起が悪いとされています。だいたい春彼岸頃が明ける頃、また節句の10~20日前に飾り、しまうのは、5月中旬の天気のよい、乾燥した日にかたづけます。

■お祝いをいただいた方へのお返しは必ずする

→NO

本来はお返しは不要。内祝いとしてお返しする場合、紅白のお砂糖やかつお節、赤飯が定番。


いかがでしたか?今一度再確認できましたでしょうか。正しい端午の節句の常識度をしっかりチェックして下さいね。

あわせておすすめ:
端午の節句に飾る「桃太郎人形」に込められた願い
ちまき・柏餅だけでない!全国色々な端午の和菓子集合
男の子節句(端午の節句)を祝う
端午の節句が終ったら
初節句は盛大にお祝いを!




■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。