のり巻き
陰陽道に基づく「恵方」は毎年変わる
節分の時期には、恵方巻き(巻き寿司)をがぶり。数年前まではガイドが住む関西以外、ほとんど知られていなかったこの習慣。ここ数年で急速に全国に広まったようですね。スーパーやコンビニ、そしてテレビの宣伝の影響はさすが。

今や全国どこでも簡単に手に入る恵方巻き。ではどの程度この恵方巻きが認知されているのでしょうか? 調べて見ました。


恵方巻きについておさらいをしましょう。

節分の夜に恵方(陰陽道に基づく「その年の最もよい方角」)を向いて食べる巻き寿司のこと。節分の夜に恵方を向いて無言のまま丸かぶりすると、その年の災難をのがれることができると言われています。この風習は、1977年に大阪海苔問屋協同組合が節分の日に道頓堀で実施したのが始まりとか。現在では全国で行なわれるように。

※恵方巻きと言っても巻き寿司のこと。中身は高野豆腐にかんぴょうと至ってシンプル。最近は、マグロやエビ入り、またサラダ巻きなど豪華な太巻きとなっているようですね。

恵方巻きの正しい食べ方3原則
  • 1人1本、包丁を切らずにそのまま食べること(包丁で切ると縁を切ることに)
  • 恵方を向いて食べること
  • 願い事をしながら食べること(話すと運が逃げてしまうので、食べ終わるまでしゃべらない)

コンビニでの販売はセブンイレブンから

1989年に広島のセブンイレブンで売り出されたのが始まりだとか。そして1998年に全国展開。その後はセブンイレブンに続いて、2001年にローソン、2003年にファミリーマートがそれぞれ販売を開始したのです。

また大手スーパーのイオン(ジャスコ)が、1992年から全国同時に販売しており、コンビニよりも早く、売り上げは年々伸びているそう。地元関西のダイエーでも販売は古いようです。スーパーやコンビニの影響で認知度はさすが!

節分の日の夕食は、自宅で恵方巻き?それは次のページで>>