友人からの披露宴招待状が届いたのはいいけれど、当日は前から大事な予定があり、どうしても出席できない場合、ご祝儀の額をどれほど包めばよいのか悩むところですよね。

それも大事な親友のことなので、出欠にはかかわらずに世間相場でした方がよいのか、それとも欠席だから少なくしてもよい気もるすし…。今回は欠席の場合の友人のご祝儀を考えてみました。

ご祝儀
披露宴に出席できなければ、自分の言葉でのメッセージを祝電として打ってみてはいかがでしょうか?

心のこもったご祝儀の渡し方とは

ご祝儀は出席する人と差をつけてOK。披露宴に出席した場合は当然、フルコースの料理の上、引き出物のおみやげ。ご祝儀も世間一般では友人関係は、だいたい3万円。それをパスするわけですから、料理分を差し引いた1万円前後が妥当です。

またできれば、現金ではなく、心を込めてお祝いの品物を選んでは、いかがでしょうか。友人なんだもの、遠慮なく品物のリクエストを聞くこともできます。

※NGでもこんな場合はあり!
たとえば、学生時代からの大親友への贈り物。縁が切れることをイメージさせるはさみ・包丁・ナイフは、贈り物にタブーとされているけれど、結婚前に通った料理学校で習った数々のレシピに役立つようにと、包丁セットをプレゼントするのもありです。気のおけない仲だからこそできることです。

→関連リンク
・結婚お祝い品のタブー
・結婚祝いの品選びや贈る時期は?
・披露宴に出席、お祝い金は?


ドタキャンした場合のご祝儀は

仕事や突発事態で、出席予定の披露宴を欠席。こういったケースもありますよね。しかしこちらの一方的な都合で出席できないのですから、きちんと礼をつくすのはマナーです。ご祝儀も出席する場合であった額を後日届けます。その場合、現金書留で郵送するのは、考えもの。やはり急に招待をキャンセルしたのですから、直接相手に会って、お詫びとお祝いの言葉を伝えることがマナーです。

うかがう時期も新婚旅行から帰り、だいたい相手が落ち着いた様子を見計らって、できる限りはやめがベスト。しかし相手が遠方にいる場合は、郵送でも仕方ありません。この場合は、ご祝儀と一緒にお詫びとお祝いの手紙を同封しましょう。

※早めにキャンセルしていたら
出席の返事をしていても、早いうちに出席できないことがわかったら、ご祝儀は1万円ぐらいで大丈夫。あくまで相手が披露宴での料理や引き出物をキャンセルできる時期であったらの場合ですよ。

→関連リンク
・結婚式、出席するべきか否か?
・【どうする? 突然の冠婚葬祭】結婚式、披露宴、やむをえず欠席するときのフォロー



<関連サイト>
・結婚式、披露宴に招かれた時の準備や当日の流れを詳しくお教えします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。