用がなくてもつい声をかけ、なでてあげたくなるのがペット。でも、正しいさわり方をしないと人間にもペットにも好ましくない場合があります。ペットを飼っていない人も動物園などのふれあいコーナーなどで動物にさわる機会が増える夏休みですから、自分も子供たちも楽しく動物と接することができるように、正しいペットのさわり方をおさらいしておきましょう。

さわる前には手を洗う

手洗い
ペットをさわる前と後は必ず手を洗うようにしましょう。
ペットや動物園の動物などにさわる前には、必ず手洗いをしましょう。これは、あなたの手についているばい菌やウィルスからペットや動物たちを守るために必要なことです。

手に目に見える汚れがない場合、手を洗う必要はないと思うかもしれません。ですが、目に見えないばい菌やウィルスが手にはついていますので、手洗いをせずにペットや動物にさわると、そのばい菌やウィルスがペットや動物についてしまうおそれがあります。

人間同士ならば、手から手にばい菌やウィルスがついたとしても、それほど大きな問題にはならないかもしれません。ですが、ペットや動物は自分たちの身体をグルーミングしますので、ばい菌やウィルスを口から取り込んでしまうおそれがあるのです。

ペットや動物を守るために、必ず手を洗ってからさわるようにしましょう。

手を洗ってからペットや動物をさわることで、あなたを守る場合もあります。なにかを食べた後などは、手には食べ物のにおいや、もしかしたらすごく小さな食べかすもついていることがあります。その手にさわられたペットや動物は、いいにおいがするあなたの手を食べ物と間違えて噛んでしまうかもしれません。

ペットや動物が気になるにおいを手に残さないようにすることで、あなたがペットや動物から噛まれる危険性は低くなります。自分のためにも、ペットや動物をさわる前には手を洗うようにしましょう。