鳥をペットに!人気のセキセイインコ

鳥をペットに!人気のセキセイインコ

若い頃は仕事や子供が生活の中心になることが多く、自分のための時間を作りたくても思うように作れなかったりするものだと思います。だからこそ、子育てが終わり、仕事に追われることもなくなったセカンドライフを考える世代におすすめしたいペットが、鳥です。
 

鳥をペットとしておすすめする理由

セキセイインコ
ペットとして人気の高いセキセイインコは、おしゃべりする子も多く、楽しい家族になります。
もちろん、年齢に関係なく鳥をペットにすることはできますし、鳥を楽しむこともできます。でも、1分が惜しい出勤前の朝に鳥のためにどれだけ時間を作ることができるか考えてみたり、挿し餌を待ち鳴く雛鳥とベビーベッドで鳴く赤ちゃんがいたときにどちらの対応を優先するかを考えてみたりすると、自分のための時間を作ることができる世代の方がよりいっそう鳥を楽しむことができると思うのです。

また、セカンドライフを考える世代は、それまでに子育てや仕事などを通して、努力すればするほどあとから大きな喜びがやってくることを知っていますので、賢い鳥さんとの暮らしを楽しめると思います。鳥にとっても、すぐに結果を求める飼い主より、努力の先を見通して接してくれる飼い主の方が安心していられます。個人の性格によるところもありますが、人生経験豊富で焦らずに楽しむ余裕のある大人と暮らす方が、鳥はストレスの少ない暮らしをおくれるでしょう。

もう1つのおすすめ理由は、鳥の寿命が長いことです。私たち人間も、ペットと同じように寿命があり、歳をとるといろいろな病気に悩まされることが多くなります。そして、悲しいことに友人や知人との別れを経験することも多くなってしまいます。

大切な相手との別れは辛く、悲しいものです。それは相手がペットでも同じこと。できるだけ別れは少なく、楽しみを多くペットを飼うことを考えた場合に、20~30年の寿命を持つ鳥たちは、最後のペットとして飼うことができるでしょう。
 

鳥と暮らす楽しみ

文鳥
「可愛い」「愛らしい」イメージの強い文鳥ですが気の強い面も持っているため、繁殖を望むならば若いうちにペアにするのが望ましいようです。
鳥のイメージはいろいろあると思うのですが、よく言われるのが「可愛い」です。文鳥などのフィンチ類には可愛いというよりも愛らしいという言葉が合うのではないかと思うのですが、みなさんが毎日目にしているであろうスズメのように、小さくひょこひょこ動き、高い声で鳴く姿は可愛いものだと思います。でも、鳥って可愛いだけではないんです。

鳥は、私たち人間に比べると頭の大きさが小さく、きっと脳ミソも少ないと思うのですが、私たち以上に賢いと感じることが少なくありません。鳥を飼ったことの無い人でも、テレビのニュースなどで歌を歌ったりおしゃべりする小鳥や、道路に木の実を落として車に割らせて中身を食べるカラスなど、鳥の賢さを見たことがあるでしょう。

鳥との暮らしを楽しむためには、彼らの賢さに注目して欲しいと思っています。おしゃべりが好きな鳥と暮らしていれば、教えようと思っていなくてもいつの間にかあなたの口癖を鳥は覚えてしゃべるようになります。でもここで、鳥に自由に覚えさせるのではなく、あなたが鳥に言葉や歌を教えてみて欲しいのです。

部屋に放して鳥を自由にさせて遊ばせるのは楽しいことです。でも、たた遊ばせるのではなく、鳥の名前を呼んだり、なにかの合図をして鳥をあなたの指先に来るように教えてみたり、あなたの肩にとまるように教えてみたりして欲しいのです。
 
オカメインコ
トレーニング次第で合図に合わせて移動したり、飼い主のところに来るようにしたりすることができるので、賢さに注目して鳥を飼うと鳥の魅力をもっと知ることができるようになると思います。
教え始めるとわかると思うのですが、鳥は本当に賢い子が多く、そして飼い主といっしょに何かをすることが好きな子が多いので、容姿や鳴き声を楽しむ以上に鳥と過ごす時間が楽しくなると思います。

でも、そうは言っても、教えてその日にできるようになることはまずありません。何日も繰り返し教え続けることで、鳥はあなたが教えようとしていることを理解し、覚えていくのです。

鳥には、日中、お日様のあがっている時間に活動する昼行性の種類が多いです。そのために、鳥との時間を多く持つには日中いかに時間を作れるかどうかがポイントになります。子育てや仕事に追われることがなくなって時間に余裕のある方ならば、問題なく鳥のために日中時間を作ることができるでしょうから、鳥と生活サイクルを合わせることもできるでしょう。

鳥は賢い、と説明してきましたが、賢すぎて困ることもあります。気が付かないでいいことに気が付いてしまった場合、問題行動をとることがあるのです。たとえば、鳴けばケージから出してもらえると気が付いてしまった鳥は、ケージから出たいときには大騒ぎして鳴くようになってしまうことがあります。

でもこれは、言ってみれば子供のわがままと同じようなもの。スーパーでお菓子欲しさに泣く子供とそれほど大きな違いはありません。どちらも、行動の意味や原因を考え、しつけをすることで改善できます。すでに人間の子供を育てあげた経験を持つ方ならば、さほど悩まず、苦労せず、もしかしたら楽しみながら鳥をしつけることができるでしょう。
 

ペットとして人気の高い鳥たち

多くのペットショップが扱う、人気の高い鳥たちを紹介します。まずは、はじめて鳥を飼う人や鳥の飼育経験が少ない人におすすめの鳥たちです。
  • 文鳥
    文鳥は、可愛らしい外見からは想像しにくい気の強い面も持っている鳥ですが、飼い主によく馴れますし、手乗りに育てられた子を売っているお店も多いので、鳥の楽しさを味わえる種類だと思います(文鳥の飼い方はコチラから)。
  • セキセイインコ
    セキセイインコは、正しく飼えば病気になることが少なく、また、雛のときに挿し餌をしていなくても若い子であれば手乗りに育てることができる柔軟性を持っていますので、鳥をはじめて飼う人におすすめしたい種類です(セキセイインコの飼い方はコチラから)。
  • オカメインコ
    環境の変化による影響を強く受けやすい種類なので、オカメインコは初めて鳥を飼う人にはあまりおすすめしません。これまでに鳥を飼ったことがあり、もっと鳥を楽しみたい、楽しむための努力もしたい、と思う方におすすめの種類です。
    オカメインコを購入するときは、必ずペットショップを選んで購入してください。輸入されたばかりの雛は弱っていることがありますので、健康な子を選べる友人といっしょにペットショップに行ったり、雛の世話をしている店員さんの様子を見たり、話を聞いたりして健康状態の良い雛を購入してください(オカメインコの飼い方はコチラから)。
カナリア
鳴き声を楽しみたい人におすすめなカナリアは、鳴き声だけでなく見た目も麗しい鳥さんです。
続いて、すでに何羽も鳥を飼ってきている方や、最後のペットとして鳥を迎えようと考えている方におすすめしたい鳥を紹介します。
  • ヨウム
    ヨウムはおしゃべり好きな子が多く、また、遊び好きな陽気な子も多いので、毎日を楽しくしてくれること間違いなし!な鳥です。ただし、遊び道具が無い状態で飼い続けたり、おしゃべりすることができない状態で飼い続けたりした場合には、大きなストレスを受けて体調をくずすことがあります。鳥とたくさん遊びたい、鳥といっしょに楽しみたいと思っていないならば、ヨウムを飼うのは大変かもしれません。
  • カナリア
    おしゃべりよりも鳴き声を楽しみたいならば、おすすめしたいのはカナリアです。カナリアは10~15cmぐらいの小型の鳥で、平均寿命は10年と言われるものの、20年以上生きている子も少なくない種類です。ですので、適切な飼い方をすれば長く付き合えるペットになると思います。
    ペットショップでは黄色や赤いカナリアを見かけることが多いように思いますが、ローラーカナリア、ボーダーファンシーカナリア、スコッチファンシーカナリア等々、いくつもの種類のカナリアがペットとして飼われています。カナリアの美しい鳴き声は聞いているだけで癒され、優しい気持ちになれるように思います。

飼育する前に検討しなければいけないこと

鳥を飼う前に、検討しなければならないことが最低でも5つあります。すでに書いてきていることをもう一度書いている部分もありますが、鳥を飼うことを検討するときには以下のことも検討してください。
  1. 健康管理
    意外に思われるかもしれませんが、鳥を診てもらえる動物病院は多くありません。ですので、飼う前には動物病院を探す必要があります。診てもらえる動物病院の多さとは関係ないと言えば関係ないのですが、具合が悪いのを発見したときに近所の動物病院に飛び込んでも満足な治療をしてもらえるかどうかわかりませんので、鳥の健康管理をしっかりする必要もあります。
    飼いたい種類が決まったら、その鳥の生息地から快適と感じる温度や湿度、食べ物などを調べ、鳥にとって快適な環境を作り、維持することができるかどうか検討してください。種類を決めたときに動物病院を見つけられていたならば、その動物病院に相談に行くのもいいと思います。あなたが飼いたいと思っている鳥に多い病気や注意することをアドバイスしてもらうことができるでしょう。
  2. 購入場所
    鳥を購入する際、ほとんどの人がペットショップで購入します。ですが、ペットショップによっては鳥を扱っていなかったり、犬猫がメインで鳥にあまり力を入れていなかったりするお店もあります。購入する前に、鳥をメインで扱っているペットショップを探しましょう。
    ペットショップは、販売する前にペットの健康状態を確認するのが一般的ですが、鳥に詳しくないお店や悪質なお店では、健康状態が悪いものを販売することもあります。ですので、購入する前に鳥に詳しい友人や知人とペットショップを訪れて鳥の健康状態を確認してもらうといいでしょう。ペットショップの店員さんに直接、鳥のことを質問して健康状態を確認するのもいいと思います。鳥に詳しいお店ならば、健康状態だけでなく飼い方についてもいろいろアドバイスしてくれると思います。
  3. 費用
    鳥は小さなペットです。当然ながら食べる量は少ないですから、お金がかからないイメージがあるようです。ですが、犬などのほかのペット同様、鳥を飼うにもお金はかかります。
    毎日のごはん(専用フードと果物や野菜、種子類など)はもちろんのこと、快適な温度を維持するためのヒーター代は毎日かかる費用ですし、最初に購入するだけだと思っていたケージも育つにつれてもっと大きなもの、もっと大きく扉が開けられるもの、と欲が出て買い換える可能性もあります。おもちゃの類は多く必要ですし、もし病気になってしまったならば私達が病院にかかる費用の何倍もの金額が必要になることもあります。
    身体が小さいからお金がかからない、と思ったら大間違いですので、この先ずっと鳥さんのために必要な費用を工面できるかどうかも検討してください。
  4. 寿命
    鳥は寿命の長い種類が多い生き物です。小型のセキセイインコであっても10年以上生きますし、大型のインコ類では50年以上生きる種類もいます。飼う前に、鳥の寿命よりも自分が長生きできるかどうか、検討してください。
    鳥だけでなく、犬や猫などほかのペットも含めてペット全般で言えることですが、飼い主に死なれて行き場のなくなったペットというのは辛く、寂しいものです。ペットにとっては、飼い主は親であり友であり、恋人でもあるのです。パートナーに死なれてしまうのが辛いのは、人間でもペットでも同じです。運よく新しい飼い主と出会えたとしても、ペットがあなたを忘れることはありません。悲しいことですが、新しいパートナーと出会えない子も少なくありません。
    ペットを飼うときは、自分の年齢と寿命、それに飼う予定のペットの長寿記録から考えたペットと暮らすことになるであろう年数を考慮し、飼えるかどうか検討してください。
  5. 鳴き声や感染症
    ペットを飼うと、わずかではあってもご近所に迷惑をかけるものです。自分にとっては心地よく聞こえる鳥のさえずりが、お隣の人にとっては騒音かもしれません。ベランダでの日光浴はあなたにもペットにも気持ちの良いものですが、オウム病や鳥インフルエンザなどの感染症から鳥を警戒している人には脅威に思えるかもしれません。
    あなたにとって最愛の家族になるであろう鳥さんがご近所の方に嫌がられたり、苦情を言われたりしないようにするためには、あなたがすすんで近所付合いをして円満な人間関係を築く努力をする必要があります。ご近所の方が間違った情報から鳥を嫌ったり、敬遠したりしないように、自分が正しい情報を伝え、自分のペットがご近所の人からも好かれるペットになるように努力できるかどうか検討してください。

種類を問わず、ペットは飼い主の生活に潤いや刺激、癒し、充実感などを与えてくれるものだと思います。自分に合ったペットは何か、自分が飼えるペットは何か考え、ペットと暮らすことを検討してもらえたら嬉しく思います。もし、あなたが選んだペットが鳥だったならば、鳥が飼い主によせる愛情や信頼に気づき、鳥のパートナーになってあげて欲しいと思います。鳥のパートナーになることは、大変なときもあるでしょうが、それ以上に幸せなときが多いものです。鳥との暮らしを楽しんでください。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。