アオシンジュウロコインコ

アオシンジュウロコインコ

学 名:Pyrrhura perlata lepida
英 名:Pearly Conure
分 布:南アメリカ (ブラジル、ウルグアイ、パラグアイなど)
分 類:インコ科ウロコメキシコインコ属
サイズ:22~24cm
寿 命:平均15年

南米の熱帯雨林に生息するアオシンジュウロコインコは、一見緑色のインコに見えますが、綺麗な色合いの羽を持つインコです。遊び好きなインコらしいインコで、野生では10羽以下の群れで暮らしているらしいです。

アオシンジュウロコインコやアカハラウロコインコ、イワウロコインコなどは総称して「ウロコ」と呼ばれることがあります。また、英名から「コニュア (Conure)」と呼ばれることもあります。

コニュアの仲間は、ひっくり返ってお腹を見せてしまう動作をします。知らないと具合が悪いのではないかと驚いてしまうかもしれませんが、普通に寝ているだけだったりします(死んだのではないか、と驚く方も多いらしいです)。

このサイズのインコの中では鳴き声は小さい種類になるそうですが、それでもやはり、ご近所に聞こえるぐらいの大きさの声で鳴くことがありますので、マンションなどお隣が近い環境で飼うのは難しいかもしれません(ペット可のマンションで多少の鳴き声は許されているならば問題ないかもしれません)。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。