ペットがいたずらをして家具や雑貨をかじるのはしょうがないもの。壁紙や絨毯、畳なんて代えればいいんだし、可愛いしいいじゃない♪、なんてのんきに見てはいませんか?「可愛い」なんてとんでもない!誤食させ続ければ重病になってしまうこともあるのです!

誤食に気をつけて! 紙がおいしいわけがない

「うちのウサギったら新聞紙や電話帳を食べるのよ~。おいしいのかしらね?」もちろん、紙がおいしいわけがありません。ただその歯ごたえといいますか噛み具合といいますか、そういったものが好きなのでしょう。

実際、ウサギだけでなく犬や猫にも異物を好んで齧る悪癖というのはあり、 お恥ずかしい話ですがうちの猫にもスーパーでもらうビニール袋を舐めるのが好きなのがいたりします。布を噛む・しゃぶるのが好きな犬や猫の相談を受けたこともあります。一度目撃しただけなら「面白い」シーンかもしれません。でも、毎日何度もやられてしまうようならば、すぐにでも直さなければいけない悪癖です。

消化できません

自分が紙を食べてみて実験をするのが一番早いかと思うのですが、紙は消化できません。ウサギもモルモットも私たちも食べた物というのは胃腸で消化されるつくりになっています。必要な栄養素を身体が吸収し、いらないもの(栄養を取った後の食べたもの)は排泄します。だから、紙を食べたらそれはそのまま排泄されるんですね。

しかし、大量に紙を食べてしまった場合や毎日食べ続けさせてしまった場合には、排泄したくても紙が腸に詰まってしまうことがあります。これが腸閉塞です。

新聞紙をちょっと齧ったくらいだから問題ない。そんな風に思っている間にあなたの可愛い家族は腸に紙を貯めているのかもしれません。そして、具合が悪くなったときにはもう腸は塞がれてしまっていて、体力の落ちた状態での大手術、な~んてことになるかもしれません。それでもまだ助かればいいんですけどね……。