モデルには競合関係がある

国内メーカーは、競合他社の製品ラインを見ながら、オリジナルエッセンスを加えた対抗製品を投入するのが常。この競合関係を知っておくと、製品を選ぶ際に比較の対象が明確になります。
  • NEC:VALUESTAR W ←→ 富士通:FMV-DESKPOWER LX
    リビングルームでの使用を想定した、大画面一体型。Blu-ray Discドライブを搭載した、高級「テレパソ」。
VALUESTAR WとDESKPOWER LXは競合機種

VALUESTAR WとDESKPOWER LXは競合機種

  • NEC:VALUESTAR N、E ←→ 富士通:FMV-DESKPOWER F ←→ SONY:VAIO type J
    一体型のボードPC。各社がもっとも力を入れている製品ラインで、テレビ機能の有無、カラーリングの違いなどで機種も多いのが特徴です。
  • NEC:VALUESTAR L ←→ 富士通:FMV-DESKPOWER CE
    テレビ視聴以外、「パソコンとしての用途」をメインとする製品。本体とモニタが分離した、「伝統的な」パソコン。
  • 富士通:TEO ←→SONY:VAIO TP1
    薄型テレビに接続して使う。パソコン機能を持つHDD/Blu-ray/DVDレコーダーと言える、リビング向け製品。
たとえば、VALUESTAR Wを買いたいと思ったら、必ずFMV-DESKPOWER LXもチェックします。両者の画面の見え方や付属ソフトウェア、価格などを比較すると、上手な買い物ができるでしょう。

テレビ番組の「X倍録画」はお得

6倍録画に対応したVALUESTAR N VN790/TG

6倍録画に対応したVALUESTAR N VN790/TG

パソコンにテレビ視聴・録画機能が付属するのはふつうになっています。パソコンをテレビ用途で使うなら、以下の性能を目安に選びましょう。
  • 画面の大きさ
    20型以上、解像度は1680x1080ドット以上、Blu-rayコンテンツを楽しむならフルHD(1920x1080ドット)
  • HDDの容量
    500GB以上、BS/CSを録画するなら1TB以上
  • 録画時間
    5倍、6倍などの「X倍録画」対応
  • チューナー
    地デジはできればダブルで、BS/CSは随時
  • スピーカー
    5Wx2基以上、できれば外付けで用意する
「録り貯め」をするユーザーには、「X倍録画」は必須。とくに、BS/CS番組を録画すると、1TB程度でもすぐいっぱいになってしまいます。「X倍録画」機能があれば、空き容量を気にせず録画できます。


「中身はノート」のデスクトップ

CPUはノート用を採用したDESKPOWER F

CPUはノート用を採用したDESKPOWER F

日本では、デスクトップパソコン内部にノート用のパーツを使うことで、省スペース性を高めた製品が多くあります。代表例は、富士通のFMV-DESKPOWER Fで、ノート用のCPUである Core 2 Duo P8700/P8400を搭載しています。

性能はデスクトップ用と変わりませんし、HDDはデスクトップ用のものを使うなど、全部が「ノート用」なわけではありません。消費電力は低いので、わずかですが省エネには効果的です。

このほか、「ネットトップ」と呼ばれる省スペースの製品群も、内部はノートパソコンと同様です。こちらは価格は安いのですが、Atomという独自のCPUを採用するなどで、通常のデスクトップパソコンに比べると大きく性能が劣ります。メールやWeb閲覧といった、割り切った用途で使うのに適しています。