TOPワニ>ナイルワニ
ナイルワニ
撮影協力:東山動植物園

ナイルワニ

学 名Crocodylus niloticus別 名:-英 名:Nile Crocodile分 布:北西部と南部を除くアフリカ大陸全 長:5-7m

アフリカを代表する大型のワニです。

分布域が非常に広いため3-7亜種程度に分けられていますが諸説あり、確定的ではありません。

基本的に褐色地に黒色の細かい斑紋を持っています。

生息地では、大きな河川などの淡水域に生息していますが、汽水域でも見られることがあるようです。

2-3mになると繁殖が可能になり、メスは40-60個の卵を産みます。70-100日で、30cm程度の大きさの幼体が孵化します。

ナイルワニという名前から、エジプトを象徴するワニとして知られていて、現実にエジプト文明時代には神として神聖視されていました。しかし、エジプトでは野生個体は絶滅したとされており、その後に人為的に移入され、一部でしか見ることはできません。

皮革目的の乱獲や生息環境の開発により個体数は減少しているようです。

人を襲うワニとしても有名で、アフリカでは生息域と人間の生活環境が重なるため、多くの犠牲者が出ていると言われています。ただし、被害の規模についての正確な情報はありません。ただし貪欲であり、水を飲みにくる大型の哺乳類を襲う生態があるため、水場に近づいた人間が襲われるのは十分に考えられますので注意が必要です。

動物愛護法による「特定(危険)動物」に指定されており、飼育に際しては都道府県知事の許可が必要です。

CITES(ワシントン条約)の付属書I類掲載種。ただし分布域の多く、特にアフリカ大陸の東側ではII類。

赤っ恥をかかない程度の知識
  • アフリカ大陸に広く分布する
  • エジプトでは絶滅した
  • 人を襲うこともある
飼育の基本情報
安易な飼育は勧められないので飼育情報は掲載しません
※基本的な情報は「爬虫類・両生類800種図鑑(ピーシーズ)」および海外サイトを参考にしました。

<関連記事>
危険動物の飼育許可・前編
危険動物の飼育許可・後編

<関連サイト>

熱川バナナワニ園


Terra Herps.では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!
  • 自分の持っているナイルワニに関する情報を書きたい!
  • 星野の情報はココが間違っている!
  • みなさんが提供した情報や意見を読みたい!
そんなあなたはココをクリック!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。