TOPトカゲスキンクの仲間>スミスヨルトカゲ
スミスヨルトカゲ
撮影協力:Herptile Lovers

スミスヨルトカゲ

学 名Lepidophyma smithii別 名:-英 名:Smith's Tropical Night Lizard
分 布:中米(メキシコ南東部、グアテマラ、エルサルバドル)全長:18cm前後 最大体長11.2cm

中米に生息するヨルトカゲの一種です。

非常にイボヨルトカゲに似ていますが、具体的な区別点はよくわかりませんでした。おそらく本種の方が体表のイボ状突起に見える顆粒状の鱗の密度が低いのだと思われます。

生態もよく似ているようで、主に森林に生息し、昼間は岩の陰や倒木の下などに潜んでいます。昆虫類を中心に食べていますが、果実などの植物性のものも食べるようです。繁殖生態は胎生で初夏に5-8頭ほどの幼体を出産します。

写真をいくら見ても、イボヨルトカゲとの区別ができません。分布域も異なるし、明確に区別ができるようなのですが。

こういう実にマニアックな種類こそ、どこが異なるのかしっかりとできることが大切なのですが。

野生生物の輸出を原則禁止しているメキシコ産であるため、めったに流通することはなく、ヨーロッパで細々と繁殖された個体が少数だけ流通することがあるようですが、当然のごとく高価です。ほとんどの両爬ファンでさえ、なかなかその金額に見合った価値を見いだすのは難しいと思うのですけど...

赤っ恥をかかない程度の知識
  • 中米に生息するヨルトカゲの一種
  • イボヨルトカゲとよく似ている
  • 胎生
  • 夜行性
  • ほとんど流通することはなく高価

飼育の基本情報
飼育容器60cmクラスの水槽
温度ホットスポットは不要と思われる。ケースの下からシートヒーターなどで保温する
照明夜行性なので。フルスペクトルランプ程度
床材ヤシガラ土などの湿度を維持できる素材を厚めに敷く
容器内レイアウトシェルターと水入れ。水にはよく入るようなので全身が入る程度の大きさは必要
昆虫食なのでコオロギやミールワーム。カルシウム、ビタミンなどの添加剤は必須
基本的な世話多湿系トカゲの飼育に準ずる
  • 毎日、霧吹きをする
※「飼育の基本情報」は「爬虫・両生類ビジュアルガイド トカゲ2(誠文堂新光社)」および海外サイトを参考にしました。


<おすすめINDEX>
その他のトカゲのコミュニティサイトfrom All About
その他のトカゲfrom All About
Terra Herps.では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!
  • 自分の持っているスミスヨルトカゲに関する情報を書きたい!
  • 星野の情報はココが間違っている!
  • みなさんが提供した情報や意見を読みたい!
そんなあなたはココをクリック!



■映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題!


[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。