TOPヘビナミヘビの仲間>モエギコダマヘビ
モエギコダマヘビ
撮影協力:Herptile Lovers

モエギコダマヘビ

学 名Philodryas aestiva 別 名:-英 名:Brazilian Green Racer, Common Green Racer分 布:ブラジル南西部、ボリビア、パラグアイ、ウルグアイ、アルゼンチン北東部全 長:1.5m程度

緑色が美しい南米のコダマヘビの一種です。

有名なバロンコダマヘビと同属のコダマヘビの仲間で、細長い体型と全身が明るい緑色であることが特徴です。

一応、ブラジルの個体群が基亜種Philodryas aestiva aestiva とブラジル以外の個体群がPhilodryas aestiva subcarinatus の2亜種に分けられるとされています。

体型から樹上性であると思われますが、現地では岩の下などから見つかることもあったり、草原などでも多く見られることから、必ずしも完全樹上生活者とは言えないようです。

爬虫類食が強いと考えられていますが、野生での調査では鳥や哺乳類なども食べているようで、実際には広い食性を持っているようです。

卵生で、アリ塚などに8-16個ほどの卵を産みつけるようです。卵は2ヶ月ほどで孵化するということです。

だいたい、こういう緑色で細長いヘビというのは偏食傾向が強いイメージで、本種もトカゲ食いと思われていることが多いようです。

一見、北米のラフグリーンスネークなどと似ていますが、細いながらも1.5mくらいになるわけで、意外に迫力があるヘビでしょう。

ブラジルに多いため、流通することはほとんどありませんが、欧米で繁殖された個体が、ごくまれに流通巣ことがあるようです。

もちろん高価ですので、一般的なヘビとは言い難いでしょうが、やはり緑色のヘビというのは、いどうでいない、そして大概は美しいヘビで、本種も多分にもれず鮮やかな緑色が魅力的なヘビです。

※注意!・・・危険なヘビではありませんが、後牙類であり毒があります。長い時間咬ませたりすると毒が入ります。取扱には十分に注意をしましょう。

赤っ恥をかかない程度の知識
  • 緑色の体色と細長い体型が特徴の南米のナミヘビ
  • 非常に流通することが珍しい
  • 飼育の情報はほとんどないが、飼育はそれほど難しくないらしい
  • 弱毒があるので取扱には注意するが、性格はいたってややアグレッシブらしい
飼育の基本情報
飼育容器フタがしっかりとできるプラケースや衣装ケース。高さがあり通気性が高い方がいいと思われる
温度25-30℃程度に保温
照明特に必要なし
床材ウッドシェイブなど
容器内レイアウト木の枝を配して立体活動ができる方がいい。人工でもいいので観葉植物などを入れると落ち着くらしい。大きめで体全体が浸かるような水容器が必須
冷凍マウスを解凍して与える。鳥も好むのでウズラも使うと良い
基本的な世話
  • 有毒種なので素手では取り扱わない
  • など
※「飼育の基本情報」は海外サイトを参考にしました。


<おすすめINDEX>
ヘビのコミュニティサイトfrom All About
ヘビfrom All About

Terra Herps.では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!
  • 自分の持っているモエギコダマヘビに関する情報を書きたい!
  • 星野の情報はココが間違っている!
  • みなさんが提供した情報や意見を読みたい!
そんなあなたはココをクリック!



■映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題!


[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。