全国の両爬ファンの皆さん、コンニチハ!!

暑い夏もようやく終わりそうで、いよいよ秋です!
日本の両爬界での秋と言えばイベントの秋!特に元祖ブリーダーズイベントのHBM、大阪のぶりくらは楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

もちろんブリーダーズイベントの主役は「ブリーダー」のみなさんです。今回は、そんな日本のトップブリーダーとも言えるような方たちをご紹介いたします!!

日本のブリーダー

さて、歴史的には本場USAやEU諸国に後れを取りはしたものの、ここ数年における我が国の両爬飼育愛好界のブリーディング事情も大きく進歩したと言っても否定される方はいないでしょう。

もちろんある個体を飼育している時に、死んでしまったり事故で失ったりすることの「保険」みたいなモチベーションで繁殖を志すのは自然な流れですし、ベビーを見たいという気持ちから繁殖の道を目指したり、単純に自分の飼育技術のスキルアップも繁殖のきっかけです。
しかし、やはりここ数年で急激にブリード熱がヒートアップしているのは前述のブリーダーズイベントの存在を抜きに語ることはできません。
繁殖成功の報告を正々堂々発表し、それを素直に賞賛してくれる場所ができたのですから。

そしてさらに、2006年の動物愛護法の改正もきっかけでしょう。
つまり、「繁殖しました」の報告会という色合いが強かったブリーダーズイベントに出展するためには「業者」登録をしなくてはならない。つまり看板を掲げなくてはいけなくなったわけですから、私を含めて星の数ほどの「にわか業者」が増えたわけです。
その中で、基本的に「自分のブリードした実績を正当に評価してほしい」という意味からかもしれませんが、特に自家ブリード個体に拘っていく方たちが増えてきました。

このような背景もあり、日本でもいよいよ本格的に両爬ブリーダーと呼べるような方たちが台頭してきたわけです。

今回は、そんな背景の中、さまざまなイベントで自家繁殖個体を販売し、ネット上で自分の販売用のサイトを持って「業」として両爬のブリーディングをされている三人のブリーダーをご紹介しましょう。もちろん私の知り合いの範囲ではあるのですけど。