TOP有尾類>アカミミイボイモリ
アカミミイボイモリ
撮影協力:Endless Zone

アカミミイボイモリ

学 名Tylototriton taliangensis別 名:ターリャンイボイモリ英 名:Taliang Knobby Newt分 布:中国(四川省)全 長:雄186-220mm 雌194-230mm

中国の四川省に生息するミナミイボイモリの一種です。

名前の通り後側頭部に1対、四肢の指、総排泄孔から尾の下端それぞれがオレンジ色に発色し、それ以外は黒色から黒褐色一色で、腹部も同じ色をしています。他のイボイモリの仲間よりも体表のイボ状突起が目立たず、また体型もややスレンダーな印象が特徴です。

標高1390-3000mの高地の沼などの湿地周辺に生息し、成体は繁殖期以外はほとんど陸上で生活しています。

5-6月頃に繁殖のために池や沼、水田や流れの緩やかな細流に集まります。雄は雌に背後から抱きつき、前肢で雌の前肢を羽交い締めるような格好で交接します。雌の体内で受精は行われ、2mm程度の卵を250-280個、バラバラに産みつけていきます。

変わらぬ人気を誇るイボイモリの仲間としては、あまりなじみがありませんが、オレンジ色のスポットがシックな美しさを醸し出しています。

ただ、やはりそこはイボイモリの仲間ですから飼育して、どれほどおもしろいか、あるいはやや高温に弱いなどの点から、初心者が興味本位に飼育するには向いていない種類と言えるでしょう。原産国である中国でも保護の対象になっている種類ですから、安易な飼育は避けるべき生き物です。

でもこういうのって、すごく長生きしそうな気がします。そんなことも理由の一つかもしれませんが、中国では民間療法として本種が薬として利用されている土地もあるようです。

赤っ恥をかかない程度の知識
  • 体の一部がオレンジ色になるイボイモリ
  • 他のイボイモリに比べてスレンダーな体型
  • 中国の四川省にのみ分布
  • あまり流通はしない
  • ほとんど陸生
  • 日本のイボイモリとは属が異なる(アカミミイボイモリ属またはミナミイボイモリ属)
飼育の基本情報
飼育容器通常は30から45cm程度のガラス水槽やプラケースでいいが、必ずしっかりとフタができるものを使う。繁殖期には一回り大きい容器を使う。
温度夏場は25℃を上回らないようにする。冷却の工夫ができるようにする
照明特に必要なし
床材焼き赤玉土・水苔・ヤシガラ土など湿度を維持できる素材。湿度を維持できるのならば大磯砂も可
容器内レイアウト水容器とシェルターを設置する。繁殖を狙うならば陸地と水深25cm程度の広い水場を作る。
コオロギ・ミールワーム・ハニーワームなどの昆虫。配合飼料を食うのならばそれでも良い。ミミズも良いが釣り餌用は避けた方が良い。基本的にはワーム類しか食べない
基本的な世話いわゆる有尾類の飼育方法
  • 皮膚病に注意
  • 狭い容器での複数飼育は避ける
  • など
※生態等の情報は「爬虫・両生類ビジュアルガイド イモリ・サンショウウオの仲間(誠文堂新光社)」および海外サイトを参考にしました。


<おすすめINDEX>
有尾類のコミュニティサイトfrom All About
有尾類from All About

<参考サイト>
Dr.GRUMMAN's HERPETARIUM
びっきぃとやまどじょう

Terra Herps.では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!
  • 自分の持っているアカミミイボイモリに関する情報を書きたい!
  • 星野の情報はココが間違っている!
  • みなさんが提供した情報や意見を読みたい!
そんなあなたはココをクリック!



■映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題!


[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。