TOPトカゲスキンクの仲間>ジンバブエヨロイトカゲ
ジンバブエヨロイトカゲ
撮影協力:Maniac Reptiles

ジンバブエヨロイトカゲ

学 名Cordylus rhodesianus別 名:ローデシアヨロイトカゲ英 名:Zimbabwean Girdled Lizard, 分 布:アフリカ南部(ジンバブエとモザンビークの国境付近)全長:頭胴長60-80mm 最大91mm

名前の通り、ジンバブエに分布する小型のヨロイトカゲです。

近縁種としてCordylus nyikaeC. meculae という種類が同所的に知られているようですが、頭部の形状や鱗の配列などが異なる程度で見分けるのは非常に難しいようです。

本種は他のヨロイトカゲと同様にやや平たい体型をしていて頭部も三角形に近い形状をしています。

体色は褐色が強く、暗色と黄色の斑紋が不規則に入ります。

やや乾燥した草原の岩場などに生息し、卵胎生であるなど生態も他のヨロイトカゲと同様であると考えられています。

以前は、比較的国内にも流通していて目にする機会が多かったのですが、最近はあまり流通しないヨロイトカゲです。

小型の割にややトゲトゲした感じが強く、ヨロイトカゲらしい種類で、人気があります。

赤っ恥をかかない程度の知識
  • ジンバブエに分布する小型のヨロイトカゲ
  • ローデシアヨロイトカゲとも呼ばれる
  • 以前はよく流通したが、あまり最近は見かけなくなった
  • 胎生
  • 乾燥と強い紫外線が必要だが、温帯性種として飼育できそう
飼育の基本情報
飼育容器できれば60cmクラス以上の容器で床面積がなるべく広いもの
温度基本は25℃程度。ホットスポット下は40℃以上程度にしてケージ内に温度勾配を作る。夜間はすべての保温は止める
照明メタハラや強い紫外線を多く含む爬虫類用の紫外線灯が必要。バスキングランプも必須。できれば直射日光で日光浴をさせる
床材砂をやや厚めに敷く
容器内レイアウト流木やブロックなどでレイアウトしてシェルターを兼ねたバスキングスポットにする。小さめで倒れない水入れも必要
昆虫食性
基本的な世話乾燥系トカゲの飼育に準ずる
  • 毎朝霧吹きを行う
※「飼育の基本情報」は「爬虫・両生類ビジュアルガイド トカゲ2(誠文堂新光社)」および海外サイトを参考にしました。


<関連ガイド記事>
はじめての昼行性トカゲfrom All About
はじめてのヨロイトカゲ from All About

<おすすめINDEX>
その他のトカゲのコミュニティサイトfrom All About
その他のトカゲfrom All About
Terra Herps.では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!
  • 自分の持っているジンバブエヨロイトカゲに関する情報を書きたい!
  • 星野の情報はココが間違っている!
  • みなさんが提供した情報や意見を読みたい!
そんなあなたはココをクリック!



■映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題!


[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。