アボカドの熟度について

アボカド
未熟なものは緑、熟したものは黒です
アボカドは未熟な果実を収穫し、常温で追熟させてから食べます。果皮が緑色のものは未熟で、熟すとだんだん黒くなっていきます。熟しすぎると果肉まで黒くなり、崩れやすくなるので、熟度の見極めは大事です。

裏技:急いでいるときは温かいところにおいて、追熟させましょう。冷蔵庫やテレビの上がおすすめです。


アボカドの旬・種類について

日本に輸入されているアボカドはハス種と呼ばれる品種で、ゴツゴツした緑色の皮に卵型なのが特徴です。ハス種は脂肪分が多く、ねっとり感があり、どっしりとしたコクが特徴です。メキシコ、ニュージーランド、カリフォルニアから輸入されており、輸入量のうち80%がメキシコ産です。

新ものは、9~10月頃に出回ります。アボカドの油分をオイルコンテンツと言いますが、標準で30%程です。新ものアボカドはオイルコンテンツが15~20%と、1年の中で最も低く、熟しにくく、青みが強く、若々しい味わいがします。10~6月頃は、オイルコンテンツが標準に戻り、安定した味を楽しめます。7~8月のアボカドは油のりがとてもよく、特にねっとりとした味わいを楽しめます。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。