れんこんの種類と時期について

中国種
白くて太い姿が特徴的です。
れんこん: 現在出回っているれんこんのほとんどが中国種になります。明治初期に中国から導入されて以来食べられています。地下茎が浅く伸び、太いので収穫がしやすいという特徴があります。収穫される時期によって味わいが変わってきますので、特徴に合った調理をおすすめします。

 
  • 9月から出回る新れんこんはアクが少なく、みずみずしい味を楽しむことができます。薄切りにしたものをサッとゆでてマリネやサラダ、あるいは揚げ物向きです。
  • 秋の中旬になると、れんこんの身が固くなり始めます。この時期のれんこんはしっかりと火を通した煮物やきんぴらに向いています。

在来種れんこん: 細長く、ほっそりとした姿が特徴のれんこん。柔らかく、味がよいです。中国種と比べ、地下茎が深く、収穫が少ないことから中国種が主流となり、今ではほとんど出回っていません。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。