爬虫類・両生類/両生類・爬虫類関連情報

ズグロパイソンの基本情報と飼育方法……ちょっと変わったパイソン!

今回は、ズグロパイソンの基本情報と飼育方法をご紹介いたします。ズグロパイソンは、ウォマと並んでオーストラリアのちょっと変わった、そしてマニア垂涎の幻のパイソンです。名前が示すように頭部が完全に黒色になっているのも特徴です。

執筆者:星野 一三雄

ズグロパイソンの基本情報

ズグロパイソンの基本情報と飼育方法

写真提供:Herptile Lovers

ズグロパイソン
学 名Aspidites melanocephalus別 名:ズグロニシキヘビ、ブラックヘッドパイソン英 名:Black Headed Python分 布:オーストラリア中部から北部全 長:150~300cm

ウォマと並んでオーストラリアのちょっと変わった、そしてマニア垂涎の幻のパイソンです。

オーストラリアの中央部乾燥地帯から北部のサバナ気候帯まで広く分布しており、そのため以下の2亜種に分ける場合もあります。

  • キンバリーズグロパイソンAspidites melanocephalus adelynensis・・・北東部に分布
  • ピルバラズグロパイソンA. m. daviei・・・中西部に分布
※写真の個体はキンバリーズグロと思われます。

ウォマのように明色地に黒褐色の横帯が数多く入っていますが、名前が示すように頭部が完全に黒色になっています。この特徴的な体色は幼蛇の頃から老成個体までほとんど変わらないのも特徴です。

生態もウォマに似ていますが、ウォマよりもさまざまな環境に適応しているようで、湿度が高い場所にも生息しており、現地ではウォマよりも一般的であるようです。夜行性ですが、バスキングも好むようで、明け方や夕方に巣穴から頭部だけを出して日光浴をしている姿が観察されています。このために頭部のみ黒いと考えられています。食性も広く哺乳類や爬虫類などを食いますが、オーストラリアの有名な毒ヘビであるデスアダーを食べていた記録もあります。基本的に地表性であり、道路などを横断している姿も見かけられているようです。8個程度の卵を産み、孵化した幼蛇は50cm程度です。飼育している方の話では、餌付きも良く飼育しやすいヘビだそうですが、あまり大きな餌を飲み込むことは得意ではないようであるとのことです。

野生動物を輸出することを禁止しているオーストラリア原産ですので、ほとんど国内で見ることはできません。時折、アメリカからCB個体が流通しますが、ウォマに比べ繁殖がやや難しいようで数も少なく非常に高価です。飼育しやすいヘビなんですが、とにかく値段が...7ケタ行くこともあるし...とにかく「幻」「高嶺の花」です。

CITES(ワシントン条約)の付属書II類掲載種
 

ズグロパイソンの飼育方法

飼育容器
サイズに合わせてプラケース・衣装ケース・爬虫類専用ケースなどを使う。地表性なので高さは必要ない。大きさはよく言われるようにヘビがとぐろを巻いたときの3倍程度以上の床面積があればよい。

温度
26.5~29℃程度に保温。ホットスポットを32℃くらいになるように設置する。

照明
ホットスポットのみ

床材
ウッドシェイブなど。新聞紙やクッキングペーパーでも良い。

容器内レイアウト
水容器とシェルターを設置する。ただしほとんど水容器内に入ることはないので大きくなくても良い。
 

大きさに合わせたマウス。冷凍を解凍したものでよい。

基本的な世話
  • 乾燥系のヘビなので多湿にしない
  • 水はよく飲む
  • 代謝は早いが排泄はまとめて大量に行う
  • など
※「飼育の基本情報」は海外サイトを参考にしました。

【関連記事】
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で人気のペット用品を見るAmazon で人気のペット用品を見る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます