写真をクリックすると、次の写真に進みます。


■天気のいい日■
日光浴と縄張りの見張りを兼ねて屋根の上

◆猫をみつけたら

そのまま逃げられておしまい、ということも多いのでまずは遠くても一枚撮ります。
こちらの存在を意識させながら、でも危害を加えたりしないよと安心させるために、ゆっくり距離を詰めます。

猫に向かって真っ直ぐ進むのではなく、斜め方向に向かうと猫の緊張感が違ってきます。

猫が移動を始めたら、あとについて行ってみましょう。
思わぬ猫だまりに案内してもらえるかもしれませんよ。

◆猫が隠れてしまったら

猫にはある程度決まった巡回コースがあります。
普通に歩きながら家のすき間に入り込んだ場合は巡回コースに沿っているので、大抵は家の反対側で待っていると出てきます。
もし、猫がこちらの姿に驚いて隠れたのなら、それは一時的な待避行動なので、少し離れて様子を見ていると、また同じ場所に出てきて元のコースに戻ります。

猫の様子を見ながら、行く先の想像をしてみるのも街猫撮影の醍醐味ですね。

■猫を被写体に写す人が多いですが、上手に撮るコツがあれば是非アドバイスを。

好きなものを撮るのに、方法は人それぞれ、自己流で構わないと思います。
数をこなすうちに、何となく形になってくるものですし、それで満足できるなら、そのままでもいいと思います。

ですが、本当にいい写真を撮りたいと思うなら、少しだけカメラのことを勉強されることをおすすめします。


■早朝の繁華街■
早く食べ物を探さないと、カラスに横取りされる。

次回の記事は、キヨちゃんの「猫写・街猫を上手に撮るコツ」です♪

*記事のUPはガイドメルマガにてお知らせします。登録はこちら


<参考リンク>
だから東京が好き!街のねこたち
だから東京が好き!(本館)

<ガイドのその他の記事>
自分にあうのはどんな猫?純血種編1
誤った迷信 黒猫は不吉?-2
東京湾岸のねこたち

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。