前回お届けした東京の様々な場所で猫さんを撮り続けている人気ブログ「だから東京が好き!街のねこたち」の“キヨちゃん”に、「猫写・前編;街猫さんと出会うコツ」を教えていただきました。「猫写・後編」では、「街猫を上手に撮るコツ」をお届けします。

私自身も写真が好きで、うちのまわりの猫さんにモデルになってもらうことが多いですが、もしよその街で猫を撮影する場合は

・必要以上に猫を刺激しない
・餌でおびき寄せない
・もし餌をやったら、必ず食べきるのを確認して、食べ残ったら掃除をして持ち帰る
・近隣の住人を刺激しないように-全ての人が猫に好意的とは限らないので、あまりおおっぴらに撮影しない
・他人の敷地内には絶対に立ち入らない

などに注意したほうが良いのでは~、と思います。
万一、そこに猫がいることを「よし」と思わない感情の人を刺激して、猫がその場所に居づらくなることだけは避けてくださいね。

写真をクリックすると、次の写真に進みます。


■足跡■
これは極端に目立つ例ですが、登ったり、降りたり、
滑ってみたりと、結構遊んでいるようです。

初めての街で猫を探すコツとかありますか?

とにかくよく見て歩くことに尽きると思います。
猫探しを続けるうちに、その人なりのコツみたいなものがだんだん掴めてくると思います。

猫の探し方について、いつ? どこで? どうやって?
ということをよく聞かれますので、今回は私の猫探しの方法を紹介します。

◆事前に街の形を把握してみる

訪問しようとする場所の地図を広げ、街並みを想像しながら猫の居そうな場所を考えてみます。
曲がりくねった道、細かいブロックに区切られた場所は隠れ家がたくさんありそうですね。
また、都心では人間が入り込めないほどびっしりと建ち並んだビルのすき間が格好の隠れ家になります。
さらに、その近くに駅や飲食店街、公園等があると、より猫を見つけやすい場所であると想像できます。

駅周辺=人がたくさん通り、通りすがりに食べ物をくれる人が居ます。

飲食店街=ゴミとして食べ物がたくさん出されます。

公園=餌やりの場になっていることが多いです。

つまり、餌場と隠れ家がセットになっている場所であるということです。

◆天候はどうでしょう。

天気が良くて暖かい日がベストコンディションなのはいうまでもないことです。そんな日は、猫たちも気持ちよさそうに散歩を楽しんでいます。
ただし、風が強めの日にはあまり出歩かないようです。

また、雨の日はさらに猫の外出は少なくなりますのであまり撮影に出ることはありませんが、近所の公園など猫の所在が分かっている場所については、様子を見に行くこともあります。


■爪研ぎ跡■
ボロボロにしてごめんにゃ~