驚くほど簡単! 人気のマンゴープリン

所要時間:60分以上

カテゴリー:プリンマンゴープリン

 

マンゴープリンは手早く、簡単、失敗なしで

マンゴープリンを目の前にすると、思わず笑顔になってしまう方、多いですよね。私もそんなひとりです。

レストランのデザートやデパ地下スイーツのマンゴープリンも心躍りますが、実は、家でも簡単に楽しむことができます。フレッシュな完熟マンゴーを使えば、とびきりですが、今回は、いつでも美味しく、手軽に作れるよう、市販のマンゴージュースとアイスクリームを使ったレシピで、ご案内します。

簡単マンゴープリンの材料(2~4人分

マンゴープリンの材料
マンゴージュース 200ml (果汁100%)
アイスクリーム 1カップ(120ml)
粉ゼラチン 4g
40cc
ソースの材料
練乳 適量 ※練乳と牛乳の割合は1:1~2
牛乳 適量 ※練乳と牛乳の割合は1:1~2

簡単マンゴープリンの作り方・手順

マンゴープリンの作り方

1:

アイスクリームは常温に出しておきます(半分ほど溶ければOK)。
ボウルに水を入れ、ゼラチンをふり入れます。そのまま3分ほどおきます(ゼラチンは半透明に)。ラップをせずに、レンジで30秒加熱します(ゼラチンは溶けて透明に)。
※粉ゼラチンははじめにきちんと溶かさないと、仕上がりにダマが出来てしまいます。絶対失敗がないのは、ゼラチンと水、1:10。ゼラチン10倍量の水に、ゼラチンをふり入れ(順序を逆にしないこと)、3分ほどおいてから、レンジで30秒加熱すれば、火にかけなくとも、キレイに溶かすことができます。

2:

ゼラチンに、ジュースを加え、混ぜます。

3:

アイスクリームを加え、混ぜます。この時、アイスクリームが半分溶けている状態だと、冷やしながら、混ぜることになるので、出来上がりが早くなります。 ※このまま冷やして、ボウルから取り分けて、召し上がっても

4:

カップやグラス、型に流しいれ、冷蔵庫で1時間冷やしてください。

5:

冷やしている間に、ソースを作ります。練乳と牛乳を1:1~2の割合で混ぜます。 マンゴープリンに、ソースをかけてお召し上がりください。

ガイドのワンポイントアドバイス

お使いのマンゴージュースによっては、甘味を加えた方がいいものもあります。アイスクリームを混ぜた段階で、甘さをチェックしてみてください。この時、ちょっと甘いと感じるぐらいが、冷たいデザートの出来上がりでは、ちょうどいい甘さに仕上がる目安です。また、逆にちょっと甘いかなと感じたら、レモン汁を加えても。レモンの酸味ですっきりとした甘みになります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。