<INDEX>
豆乳&牛乳カロリー比較……1P
ダイエットに効く!?ビタミン比較……2P
豆乳のメリット・牛乳のメリット……3P

豆乳&牛乳カロリー比較

無調整豆乳に「にがり」を入れればお豆腐に。まさに飲む大豆!(写真:マルサンアイ/国産大豆の調整豆乳)
無調整豆乳に「にがり」を入れればお豆腐に。まさに飲む大豆!(写真:マルサンアイ/国産大豆の調整豆乳)
多くのスーパーやコンビニなどで品揃えされている豆乳。近頃ではチェーンのコーヒーショップでも牛乳のかわりに豆乳でカフェ・ラテなどを作ってくれるお店も増えました。健康的なイメージだけれど、実は飲んだことがない、豆乳は良くわからない、という方もいるかもしれませんね。

豆乳は、簡単に言えば豆腐を固める前の液体と同じ。皮を剥いた大豆と水を加熱・かくはんして絞ったもので、大豆の栄養素がたっぷり入った飲み物。最近では、コーヒー味やフルーツの味など、飲みやすい商品も増えてきました。

さて、まずはこの豆乳と牛乳のカロリーの比較から。良く飲む牛乳と、飲み物として売られている調整豆乳のカロリー差は次の通りです!

■カロリー比較(100gあたり)
豆乳(調整豆乳)……54kcal
豆乳(無調整)……46kcal

牛乳(普通牛乳)……67kcal
低脂肪乳(加工乳)……46kcal
脱脂乳(加工乳)……33kcal

■コーヒーショップでのカロリー比較
ソイラテ(調整豆乳入り)……133kcal
ラテ(牛乳で作った場合)……135kcal
ラテ(低脂肪乳で作った場合)……108kcal
ラテ(脱脂乳で作った場合)……81kcal
(※スターバックスコーヒーのホットラテ、ショートサイズの場合)

このように、カロリーだけで比較するのなら、低脂肪乳や無脂肪乳と呼ばれる脱脂乳のほうが低カロリー。カロリーダウンさせたいときは、ミルクを変えると効果テキメン。

次ページでは、豆乳と牛乳に含まれる、ダイエットに欠かせない「あの栄養素」をチェック!

※調整豆乳は、無調整の豆乳と比べて、砂糖を添加している分だけカロリーが高くなります。低脂肪乳は乳脂肪が1.5%以下、無脂肪乳と呼ばれる脱脂乳は乳脂肪が0.5%未満に調整されています。