<INDEX>
いも類はダイエッターの味方!……1P
栗で脂肪燃焼も夢じゃない!?……2P
かぼちゃはダイエット中の女性にもぴったり……3P

いも類はダイエッターの味方!

画像の代替テキスト
日常的なのはじゃがいもやさつまいも、里芋や山芋なども。お菓子に料理に、人気の素材ですね!
イモ類は、ダイエッターにもっと食べてもらいたい素材のひとつです!ビタミンCが豊富で、加熱に強い性質であることも有名。その他にも特徴的に素晴らしい性質を持っていて、ダイエット中にも優れもの食材なんですよ。

  • 意外に!? 低カロリー……食べ応えがあるわりに、カロリー控えめ。様々な料理に使えるので、飽きずに食べ続けることもできそうですよね。

  • 食物繊維が豊富……上記と同じ量のじゃがいもやさつまいもには、1日に推奨される量の10%程度と、豊富に含まれています。満腹感を感じやすくしてくれる上、腸内をキレイにしてくれて、ダイエットや健康の維持に不可欠ですね!

  • カリウムが豊富……カラダのむくみをとってくれたり、細胞を正常に動かすことに効果があります。これもイモ類には多く、100gあたり1日に必要な量の1/4が手軽に摂れます!
■各イモ類のカロリー(100gあたり)
じゃがいも(中サイズ約1個)……76kcal
さつまいも(中サイズ1/2個)……132kcal
さといも(2個)……58kcal
長いも(1/4本弱)……65kcal

■オススメの食べ方
  • 蒸す(電子レンジで加熱)……最も手軽。電子レンジだとさつまいもは甘さが十分に引き出されないのですが、その他は大丈夫。朝食の主食にしたり、サラダの具として入れるとボリュームアップ!

  • 焼く……長いもなどの山芋は、すりおろして食べるのが一般的ですが、山芋を焼いても美味しいですよ。ごま油などで両面を焼き付けても良いですし、じっくりと火を通せばほっくりしてまた違う美味しさに。シンプルな付け合せや小鉢にどうぞ

  • 味噌汁に入れる……具だくさんの味噌汁に、いも類を加えると、食感が違って楽しめるし、食べごたえもアップ

  • きんぴらにする……千切りにして油で炒め、砂糖と出汁醤油などで味付けすれば、手軽な一品ができあがり。副菜の野菜料理に迷った時にもぴったりです
■ちょっと注意!
スイートポテトなどケーキやお菓子に使われる場合、甘さを足しコクを増すために、砂糖やバター、クリームなどが多めに加えられる事が多いもの。思いのほか高カロリーになっている場合も多いので、食べる量は控えめに。

次ページでは、栗についてご紹介します!