今回ご紹介するのは修善寺『あさば』。あさばといえば、多くの雑誌に紹介されている超有名旅館ですし、言わずと知れた美食の宿でもありますが、巷にあふれる高級旅館とは料理に対する意識も味もひと味違います。

質の高い空間と料理を望む、すべての人に……
修善寺の名宿『あさば』


あさば能舞台
深川の富岡八幡宮から移築した能舞台はあさばのシンボル。日が暮れるとライトアップされ、幻想的な雰囲気に。

富岡八幡宮から移築した門、池に浮かぶ能舞台……。
おそらく『あさば』を知らない人はいないだろう。『自遊人』08年5月号の「日本の宿グランプリ」でも3年連続のグランプリを獲得しているし、どの雑誌を見ても『あさば』『あさば』『あさば』……。

でも、あさばが名旅館として名高いのは、能舞台があるからでも、創業350年の老舗だからでもない。その理由はズバリ、伝統と革新のバランス感覚がいいことにある。

創業350年の正統派。
でも、実は快適さを追求する革新派


あさば掃除
館内は毎朝徹底的に掃除される。サロンのカーペットにシミはなく、ガラスのテーブルも曇りひとつない。
伝統を守る最初の一歩は「清掃」。ということで館内は隅々まで掃き清められ、塵ひとつ落ちていない。風呂も壁は天井まで拭き上げられていて、カランはピカピカ。料理も旅館では最高峰といえる正統派会席料理を提供する。

一方で、絶えず館内は改装をされ、今年は内湯をリニューアルしたほか、ベッド付き客室をオープン。いい宿は攻守のバランスがいいのである。

次ページでは、お待ちかねの夕食です!