葬儀で感動した場面は「弔辞」

立派な祭壇も、あっと驚くような演出も、プロの司会者の言葉でさえ、個人を思う素直な言葉にはかないません。
立派な祭壇も、あっと驚くような演出も、プロの司会者の言葉でさえ、故人を思う素直な言葉にはかないません。
お葬式で感動したことはありますか? 2007年12月にまとめられた「第8回 葬儀についてのアンケート調査」(調査:日本消費者協会)の報告書によると、参列した葬儀に「感動した」経験のある人は全体の35%だそうです。

特に近年、地域社会で行う葬儀から葬儀社主導の葬儀へと変化していくにしたがって、葬儀社にサービス業としての役割が求められるようになり、各社趣向を凝らした葬儀を提供できるように努力している様子が伺えます。

「どんなところに感動しましたか?」という問いに対しては、このような意見があります。

  • 家族の歴史が写真で映し出され、胸に迫るものがあった。
  • 故人が好きだったジャズが流されていた。
  • 僧侶や牧師(神父)のお話。
  • 故人が好きだった歌を参列者全員で歌ったこと。
  • 生前の思い出を映像や写真で参列者に見せていた。

などがありますが、断トツで多い意見は、
「故人を送る友人、家族の言葉」
つまり「弔辞」に感動する人が圧倒的に多いのです。

どんなに素晴らしい司会のプロでも、故人を思う残された人たちの生の声にはかないません。

たとえば、

  • 遺族のお別れの言葉を聞いて、故人の思い出など目に浮かんで涙をさそった。
  • 弔辞などで個人の人柄や功績が紹介されるところ。
  • 紙に書かれたものではなく、生の言葉で弔辞をなさった方がいて、歌まで歌いとても感動しました。
  • 故人の思い出などを家族、友人が話してくれる場面。
    などの意見があります。

    しかし一方で、形式的だというイメージも拭いきれない「弔辞」。故人の略歴を紹介し、美辞麗句で賛辞、最後はおきまりの文句で送る……、そんな味気ない弔辞があるのも現実。涙を誘うような演出をする必要はありませんが、故人と関係が深かった人が弔辞を捧げるわけですから、その人らしい言葉で見送ってあげてほしいものです。

    では、弔辞を頼まれたらどうしたら良いでしょうか。次ページでは弔辞のポイントをご説明します。